魅惑のカワハギ釣り/前島 新波止(岡山県瀬戸内市牛窓町)

シェアする

スポンサーリンク

カワハギは好シーズンを迎えている。サイズは15cm前後までが多く、時には20cmクラスもヒットする

10月に入って最初の日曜日、牛窓港の対岸に浮かぶ前島の波止は多くの釣り人でにぎわっていた。

牛窓港からフェリーに乗ると5分ほどで前島に到着し、歩いてすぐに長波止がある。港内をぐるりと歩くと新波止が延びており、竿を出していた岡山市の牧野さんに話を聞いた。牧野さんは前島で四季折々の釣りを楽しんでおり、秋シーズンになると特に足繁く通うという。お目当てはカワハギだ。

「9月から10月はカワハギがよく釣れますよ。新波止でも長波止でも同じように釣れますが、今期は新波止の調子がいいようです。11月になるとカワハギは減りますが、今度はウマヅラハギが釣れ始めますよ」と教えてくれた。

仕掛けは2gまでの軽いオモリのすぐ上にハリスを極端に短くしたハゲバリをセットする。小さくてわかりづらいカワハギのアタリを取りやすくするためだ。エサはハリ持ちのいいシラサエビがメイン。時には食わせエサの『パワーイソメ』(マルキユー)も付ける。

基本は足元を探って底中心でアタリを待つ。場所移動やエサのチェンジも効果的。いったん釣った場所でも時間を置いて入り直すことでアタリが復活する。時には数メートル沖を探ったり、違うタナへアプローチしてもいい。繊細なアタリと優れた食味が魅力のカワハギ釣りに挑戦してみよう。

カワハギはアタリが小さいので穂先が軟らかいイカダ竿がおすすめ

手軽に釣るなら市販のカワハギ仕掛け。1〜3号のオモリをセットして、しっかり底を取る

牧野さんの仕掛けはシンカー+短ハリスのハリ。エサはシラサエビ

釣ったカワハギはひとまずスカリにキープ

背ビレに毒棘を持つハオコゼも釣れた。危険なので魚バサミなどで扱おう



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

新波止から北方向を望む。対岸は牛窓

《釣行メモ》

釣行日 2016年10月2日
潮汐 大潮
 満潮  11時29分
 干潮  17時41分
(牛窓)

《エサ》

サシエ シラサエビ
 パワーイソメ マルキユー
The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする