親子でチヌ釣行/針尾瀬戸の護岸(長崎県西海市)

シェアする

スポンサーリンク
チヌがヒット

本命キャッチ。久しぶりのチヌに大満足の悠朔さん

親子で釣行 チヌをキャッチ

ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日に息子の悠朔と2人で長崎県西海市の針尾瀬戸周辺の護岸へチヌ狙いで釣行した。

当日は、行く途中で小雨に遭遇したためテンションがやや下がり気味となったが、到着すると天気はくもり空に。チヌゲットを目指して準備をはじめた。

マキエはオキアミ3㎏にヒロキュー『生さなぎ黒鯛』を混ぜたものを用意。仕掛けは釣研『プログレスチヌ スタンダード』S1にハヤブサ『鬼掛 層探りチヌ』2号をセットした速攻全遊動仕掛けで実釣開始。

チヌに意識させるため、20杯以上のマキエを打っておいての仕掛け投入。そう早くはアタらないだろうと思ってはいたがその通りの状況が1時間くらい続いたあとにやっとベラがアタってくるように。ベラでもウキが沈むのが少しだけうれしかった。

そんななか、仕掛けを張り気味にしているとウキがスーツと沈んで竿引きのアタリでヒット! 玉網に収めたのは40cm弱のチヌ。釣れるとサイズに関係なくうれしいもので写真を撮った。

アタリがなかった悠朔は、釣り場を移動し丹念に潮目を狙って同サイズのチヌをゲット。久しぶりのチヌに興奮しつつ大満足。写真撮影後すぐに再開すると30cmのメイタもゲット。私も、小型だがメイタを玉網に収め2匹ずつ釣ったところで昼食休憩にした。

午後からは、日差しが強く暑さも紫外線もキツくなってきた。アタリもなくなり、釣れる気配が感じれなかったので納竿。マキエで散らした釣り場を清掃して帰路に就いた。

時間が早かったので、有田陶器市に寄って帰るなど、釣り以外も楽しんで連休を満喫した。

チヌを持つ與田さん

本命キャッチ。久しぶりのチヌに大満足

竿曲がり

チヌが高活性になるにはもう少し時間がかかるようだ

良型のキスをキャッチ

合間でキス釣りも

《釣行メモ》

釣行日 2017年5月3日
潮汐 小潮
 満潮  13時44分
 干潮  08時08分
(佐世保)

《使用タックル》

竿  銀狼王牙0号-53  ダイワ
リール  インパルト2500LBD  ダイワ
道糸  リミテーション磯CXサスペンド 2号  ゴーセン
ハリス  フロロファイタージュード 1.5号(2ヒロ)  ゴーセン
ウキ  プログレスチヌ スタンダード S1  釣研
ハリ  鬼掛 層探りチヌ 2号  ハヤブサ

ハリスにガン玉G5を1個打つ。ハリスは直結

《エサ》

サシエ  生イキくん 2L  ヒロキュー
マキエ  生さなぎ黒鯛  ヒロキュー
 オキアミ 3kg

與田さんのエサ

The following two tabs change content below.
與田正幸
與田正幸
(よだ まさゆき)。釣研フィールドテスター、ハヤブサフィールドスタッフ。釣研FG、チーム鬼掛、チームダイワグレ所属
スポンサーリンク

シェアする

フォローする