冬でも楽しめるアオリイカのエギング/長崎県西海市

シェアする

こんにちは、ばびゅ~んと一発!しゃけです。

アオリイカのエギングでは2〜3月はオフシーズンのイメージが強いですが今年は暖冬で水温が高いせいか去年の秋から絶え間無く釣れてる感じがします。

地域やポイントにもよりますが潮通しの良い場所、青物が居る時はイカが追われて湾内を狙うのも重要になります。

1月から2月にかけ足繁くポイントへ通いました。

磯へ行く時はゲームベストを着用しまさかの事故に備えましょう。

この時期は北西の風が吹く事が多いので追い風になる磯を選択。

複雑な潮の流れをいち早く読むのも鍵となります。

この日は表面は緩やかに右へ流れ、底は急激に左へ流れている状況。沖にあるシモリやブレークを意識してそこを重点的に攻めます。

ここでしゃけ得意の「ばびゅ~ん遠投エギング」です!

遠投すると、アオリイカの活性が低い時はアタリが取りにくい場合が多々あります。

手元のラインだけではなく、沖のラインも見ながら、時に軽く聞きアワセを入れる等して、チャンスを逃さないようにしたいものです。

アオリイカの群れは同じような大きさが一緒に回遊してるイメージが強く、時合いが来れば同サイズのイカが立て続けに釣れてくれます。

波止でのポイント選びも潮通しの良い場所を選択。

いわゆる激流を攻めます。

潮の流れが速すぎる時は、ディープエギや、シンカーを打つ事によってエギを沈めます。

回遊のイカを狙う時は、私の場合はアピールを意識。

釣り人が多い時は特に自分のエギをイカに見つけて貰う為に大きくしゃくる事。そして喰わせの間を取る事。

自分なりに作戦を組み立てて釣れるアオリイカはしてやったりで格別です。

これから徐々に水温も下がりエギングも厳しくなる事が予想されますが
春までもう少し!

すくすく育ってるアオリイカを見てニヤつく気持ち悪い私ですが、今から楽しみで仕方ありません。



《釣行メモ》

釣行日 2019年2月19日
潮汐 大潮
 満潮  08時19分
 干潮  14時19分
(長崎市)

《使用タックル》

竿 X-ARMATURA斬 XAZ-87TZ レガーメ
リール 10ステラ 3000SDH シマノ
ライン キャスライン エギングスーパーPEⅢ 0.6号 ユニチカ
リーダー リュウガ 2.5号 リガーレ
エギ エギ王K 3.5号 他 ヤマシタ

The following two tabs change content below.
しゃけ
しゃけ
エギングをメインに九州内を駆け回っております。他にアジング、ショアジギング、ロックフィシュゲーム等も最近は船舶免許も取得しオフショアもたまに行ければと思います。リガーレフィールドスタッフ
編集部のオススメ

シェアする

フォローする