宿毛湾 釣りイカダ(高知県宿毛市)

シェアする

スポンサーリンク

YUKIアオリイカキャッチ

宿毛湾の筏でエギング

こんにちはYUKIです!

4月28日に春のデカアオリイカハンティングに行ってきました★

この日の釣り場は高知県宿毛市の藻津にあるフィッシング吉村さんのイカダに上がらせてもらいました。

実は前回、前々回とイカダの予約をしていたものの、春の嵐到来など天候に恵まれずイカダに上がれなかったので、待ちに待った釣行なのでした。

しかも、なんと、なんと、フィッシング吉村さんの釣果情報を見てみると釣行前日に3.7キロのデカアオリイカが上がってます! さらにここ数日は2~3キロオーバーが毎日上がっているようで期待が膨らみます!

イカダからはアジの泳がせ釣りでの釣果が多いのですが私たちはエギで狙います。エギでも3キロオーバーの大型も釣れてるのでワクワクしながら船に乗り込みました。

釣り場へ出発

船で釣りイカダに渡してもらいます

釣りぽイカダの上

宿毛湾に浮かぶイカダ。どこでも釣れそうな雰囲気いっぱいです!

今日は3号イカダに上がらせてもらいました。どこに投げても釣れそうで雰囲気バッチリです。潮がガンガン流れていたので、潮に乗せる感じでエギを流して行きます。

底を丁寧に探っているとティップがキュンと入りました。アオリイカが触ったとわかったので、もう一度シャクってテンションフォールさせると明確なアタリがあり合わせるとキュンキュン引きます♪上がってきたのは秋イカサイズぐらいでしたが幸先がいいです。

その後、エギをフルキャストしてシャクろうとするといきなり根掛かり…(涙) でもラインを巻いて引っ張ると、引っ張り返してきます。これは根じゃなくてタコっぽい!

ここからはタコと引っ張り対決です。ラインを張ったままにして、タコが疲れて上がってくるのを待ちます。しばらくすると根に張り付いていたタコも疲れて上がってきました。タコゲットです!

マダコをキャッチ

マダコとの引っ張り対決に勝利!

イカダをつないでいるロープにアオリイカがついていないかなと見ていると黒い怪しい影が…。エギを近くに沈めてみると、アオリイカが猛スピードでエギを追いかけて行きました
アワセて巻いてくるとまさかの横抱き(汗)。急いで網ですくってもらいました。これは400グラムぐらいの食べるのにちょうどいいサイズでした♪

お昼前ぐらいにフィッシング吉村さんから電話があり、1号イカダの人が帰るので急遽1号イカダに上がれることに。前日の3.7キロは1号イカダで上がっていたので、デカアオリイカを釣る大チャンス到来です。

午前中に1号イカダに上がっていたアングラーさんに釣果を聞いてみると3キロオーバーと2キロが釣れたみたいでした。

とりあえず遠投はせずに足元を探っていきました。
するとシャクっている途中で根がかったと思ってラインテンションかけたらドラグがジリジリ~。「これはデカい!」っと確信した瞬間スポッっと抜けてしまいました…。自己記録更新できると思ったのに~(涙)

続いて隣で釣りをしていた三好さんが沖側でイカをかけました。巻いてくると釣れたアオリイカの後ろに2キロはあるだろう大きさのアオリイカがついてきていたので、そのそれを狙わせてもらいました。しかしエギには反応せず海底へ沈んで行ってしまいました。残念…。
その後に200~400グラムぐらいのアオリイカを2杯追加して今日の釣行は終了しました。

春らしいデカアオリイカをハンティングすることは出来なかったけど久しぶりにアオリイカの引きを味わえて楽しい1日になりました。

釣りぽYUKIのアオリイカ

釣りぽYUKIアオリイカ

《釣行メモ》

釣行日  2017年4月28日
潮汐 大潮
 満潮  07時04分
 干潮  13時33分
(片島)

《使用タックル》

竿  エメラルダスSTOIST AGS 84M  ダイワ
リール  イグジスト 2506  ダイワ
ライン  PE EGI ULT HS4  サンライン
リーダー  エギリーダーBS 2号  サンライン
エギ  エメラルダス ラトル TYPE R 3.5号、エメラルダスラトル 3.5号、エメラルダス ダートⅡ 3号  ダイワ

《利用渡船》

フィッシング吉村  http://ny26930.blog.fc2.com/

高知県宿毛市藻津港より出船

The following two tabs change content below.
YUKI
YUKI
愛媛県在住。エギングを中心にソルトルアーを楽しむ釣りガール。レジャーフィッシングで『YUKIのエギング A GOGO! 』を不定期連載中です。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする