ボートロック 1キャスト1ヒットも!/苫小牧沖堤防(北海道苫小牧市)

シェアする

About Author
アイナメと海士

この日のヒットルアー『海士』とアイナメ

『海士』で連続ヒット!

昼からボートロックに行きました。今回は数日前に真鯛が堤防から上がったということで、タイラバをメインに、サブでセブンの『海士』のキャスティングとひとつテンヤということで考えていました。しかし、当日は非常に南風が強く本命ポイントに行けず、仕方なく打てるポイントを打つことになりました。

釣果はソイが40センチ前半が数本とアイナメの40センチ前後がぼちぼちでしたが、エゾメバルなどを含めると50~60匹程度釣れました。非常に活性が高く、1キャスト1ヒットも多かったです。今回はドテラ状態になったため『海士』を投入するとヒットが連続し、あまりに釣れるためずっと『海士』でした。

タイラバも夕方頃からよく釣れ始めソイやエゾメバルが連発する状況でしたが、サイズは非常に小さかったです。

苫小牧では過去に真鯛が釣れたことが何度かあるそうですが、おそらく死滅回遊魚が火力発電所の温排水で生き延び、それが釣れたのかなと思います。

稚魚の放流実績は付近でなく、かつ釣れるサイズは40~50センチの中型なので恐らく回遊してきたものではないと思います(沖の根ではタイラバで全くヒットしたりという話を聞かないので)。

やはり真鯛は奥尻島付近が北限かなと思います。今年はまたいろいろと調査をしてみたいと考えていますが。

次は通しのボートロックの予定です。次もひそかに真鯛を狙って検証してみたいと思います。

海士 セブン

連続ヒットしたセブン『海士』

クロソイ

《釣行メモ》

釣行日 2017年7月15日
潮汐 小潮
 満潮  06時16分
 干潮  12時50分
(苫小牧東)

《使用タックル》

竿 OCEA炎月投げ式S641F シマノ
炎月ひとつテンヤSPECIAL235H シマノ
エラディケータセブンスペシャル アブガルシア
リール 14モアザン2510R ダイワ
12トーナメントISO3000H LBD ダイワ
17モアザン2510LBD ダイワ
ライン PE 1号、PE 0.8号
リーダー 3〜4号
ハリ 環付き真鯛 13号(親針)、12号(孫針)、チヌバリ7号/6号、カブラ8〜10号 ささめ針
ルアー セブンスライド40g(オレンジ)、海士30~40g セブン

今回セブンスの『海士』を重点的に使いましたが、やはりドテラやキャスティングなど斜め引きになると潮の抵抗がそれほどなく普通に釣れます。

『セブンスライド』を縦の釣りに、『海士』を横の釣りに浅場はすると良いと思います。潮が止まりつつある状況はひとつテンヤなど使い分けると良いかなと思います。今回もレバーブレーキを使ったタイラバでしたが、相変わらずフォールが良く釣れます。今回は魚の活性が高く、フォールでもひったくる当たりが連発でした。

また、今回セブンの竿を使いましたが、程よい柔らかさで使いやすかったです。バーティカルの大型ソイのタイラバには私の釣り方では不向きですが、キャストしてからの横の釣りにはテストのレポート通り非常に有効かと思います。

シェアする

フォローする