宮島のイカダで良型チヌ&アジ/広島湾(広島県大竹市)

シェアする

2017年9月19日、台風が通過したあとの広島湾に釣行してきました。今回のポイントは宮島と大竹市の間に浮かぶイカダ(カキイカダ)で、フカセ釣りでチヌを狙いました。

このポイントの水深は約18m(干満によっての上下があるので目安です)。チヌが浮いている場合もあるので、軽めの仕掛けでゆっくり探っていきます。

オキアミを頭付きのままハリに刺して投入すると、12〜13m沈んだところでアタリ! 台風の影響で食い渋りを予想していたのですが、開始早々でチヌをキャッチできて一安心。

朝イチはチヌは中層でヒットしてきて8時までに5匹のチヌを釣り上げました。

その後、潮が変わったからか食い渋るような、サシエをくわえても離すアタリが出るように。これまでだとこのような小さなアタリはなかなかとれなかったのですが、道糸に伸びの少ないPEライン(黒魂PEライン)を使うようになると敏感に感じ取れます!

オキアミで食い渋っている感じなので、練りエサの『食い渋りイエロー』に変えてみると、すぐに「ドン!」という大きなアタリでチヌがヒット! このようにサシエを変化させるといきなりヒットすることがあるので、サシエは数種類持参するといいです。

私はオキアミ『くわせオキアミ スーパーハード[チヌ]』、練りエサ『高集魚レッド』&『食い渋りイエロー』を持参しました。

海底ではうれしいアジ

チヌの食いが渋った時、海底まで仕掛けを入れていくとヒットしてきたのが良型のアジ。ここからは海底までサシエを入れてアジを追加しました。良型のアジはチヌよりも持って帰ると喜ばれますから。

イカダからのフカセ釣りはチヌだけでなく、色々な魚を狙えるのも魅力のひとつです。もちろんチヌだけに絞って釣っていくのもいいですよ。楽しみ方は人それぞれですから。

後半は風向きが変わって強風となって海が時化、イカダも上下に揺れるようになってきて釣果が伸ばせませんでしたが、中盤までで良型のチヌやアジをキャッチでき満足の釣行となりました。



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年9月19日
潮汐 大潮
 満潮  08時53分
 干潮  15時08分
(広島)

《使用タックル》

《エサ》

サシエ くわせオキアミスーパーハード[チヌ]、食い渋りイエロー、高集魚レッド マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル、チヌパワーV10白チヌ、チヌパワーダッシュ&オキアミ3kg マルキユー

《利用渡船》

大知渡船 http://www43.tok2.com/home/koubou-ohchi/ 
The following two tabs change content below.
大知 豊
大知 豊
(おおち ゆたか)。広島県大竹市在住。第14回G杯争奪全日本がま磯チヌ釣り選手権優勝。第25期、26期報知グレ釣り選手権名人位ほか上位入賞多数。TEAM AQA所属。がまかつアドバイザー、マルキユーアドバイザー。
編集部のオススメ

シェアする

フォローする