春のヒラマサジギング/玄界灘(福岡県)

シェアする

ヒラマサ持つ

ヒラマサを持つ柳原さん

玄界灘で春のヒラマサジギング

今回は春のヒラマサ(ハルマサ)を狙いに福岡市内から出船する遊漁船「ベイスタイルの石場船長にお世話になりました。釣行前日まで雨が降り続いていましたが当日は天気は晴れとナイスコンディションで釣りできました。

計6名で7時に出船し8時に釣り開始。玄界島沖でのジギングは初めてです。メタルジグの重さは80~120gを用意しました。潮回りは長潮で潮の流れが弱く無風。ひと流し目は無反応でしたが、2流し目に船長から「ここから本番だ!」の声がかかります。魚探には底から20m上に反応が集中していました。

船長のいうとおり、ここから同船者3人が連続で ヒット。そこに残りの3人も魚が掛かって全員がヒラマサを釣り上げました。2~3kgほどと少し小ぶりですが、全員安打をひとまず達成できました。長潮、無風で流れがないのにもかかわらず、この日は魚の活性が高く驚きました。

潮止まりに入っても魚の反応はよく、単発ですがヒラマサが釣れ続けます。でもアタリは多いもののヒットまでいたらないことが多くなったのでメタルジグの重さを120gから80gに変更。するとそれまで掛からなかった魚が1回で掛かるようになりましたが、アタリの正体はヒラマサではなくヤズでした。

午後3時、潮が動き始め反応も良好になってきました。ここで、本日1番の大きさであろう魚が同船者に掛りました。ヒラマサの強烈なファイトにドラグがうなります。海底は漁礁だったようでラインを出されてしましラインブレイク! その後もラインブレイクが続きました。午後になりヒラマサが大幅にサイズアップしていたようです。

私は良型のヒラマサのみに狙いを絞ってショックリーダーをフロロカーボンの50lbから80lbに変更。そして3度目の正直でヒラマサが掛かかりました! 今度こそは幾度となく逃がしたヒラマサを取り込める! と信じてやり取り。同船者全員が見守るなか、数分の攻防で水面に姿を現したのは、銀色に輝く7kgのヒラマサ! この日最大のヒラマサを目の前に、春のヒラマサの楽しさを実感できました。

今回は潮が悪いと思っていましたが、釣り人の思い込みなだけでだと実感できました。なぜなら1人10匹前後釣れたからです。オフショアの釣りをしっかり満喫しました。

良型のヒラマサをキャッチ

ヒラマサの釣果を持つ

良型ヒラマサを持つ

ヒラマサを持つ柳原

《釣行メモ》

釣行日 2017年4月29日
潮汐 中潮
 満潮  11時27分
 干潮  05時08分
(博多)

《使用タックル》

竿 ジギングロッド 6ft
リール ジギング用リール 5000番
ライン PE 4号
リーダー 50〜80lb
メタルジグ 80〜120g

ヒラマサとジグのアップ

《利用渡船》

ベイスタイル  https://ameblo.jp/seabass/
The following two tabs change content below.
柳原 広大
柳原 広大
(やなぎはら こうだい)。総合学園ヒューマンアカデミー福岡校トーナメントプロ専攻1年。
柳原 広大
最新記事 by 柳原 広大 (全て見る)
編集部のオススメ

シェアする

フォローする