スポンサーリンク

激渋の中、20キロオーバーのイシナギをゲット/外房 川津港沖・基吉丸(千葉県勝浦市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回もイシナギ釣行で、昨年たくさんイシナギを釣らせていただいた千葉県、外房の川津漁港からイシナギ釣りで出港する「基吉丸」さんにお世話になりました。

こちらの船は毎年5月末頃から8月初旬頃まで、深海魚であるイシナギの産卵に伴う接岸の際に、イシナギ乗り合いを出しています。

船長はイシナギの生態や釣り方を熟知しており、非常に操船も上手く、多くの実績を挙げられています。

過去には100キロオーバーの大型も釣れており、近年ではそのような大型の数は減ったそうですが、20キロオーバーのものであればかなりの確率で上がっています。

 

1日の釣りの流れは、まずエサのスルメイカを釣って、それからイシナギを釣るというものです。イシナギ釣りの制限が午前10時30分までとなっているので、朝の短時間(5時ぐらいから7時前頃まで)でエサのスルメイカを確保しなければならないので大変です。

特に、最近はこのエサとなるスルメイカの確保が大変で、全く釣れないこともあるので、そのため保険として事前にスーパーでイカを買ってくるというふうになっています。※イカは冷凍イカは食いが悪く、釣れる確率がかなり落ちますので、使ってはいけません。

 

今回は朝4時前に出港し、4時半頃にスルメイカのポイントに到着し、第1投となりました。

サバは少しだけいるものの、スルメイカが全く乗らないという激渋の状況でした。

何とかフォールで乗せて1ハイをゲットしましたが、以降が続きません。乗れども、潮が2枚潮の激流となっており、途中で落ちてしまいます。

結局、粘ったものの、船中2ハイで終了しました。

 

その後、7時ぐらいにイシナギのポイントに向かいました。

今回は、デッドベイトのスルメイカで勝負しようと思って、ライブベイトのスルメイカをまずは投入して見ると、いきなりイシナギのアタリが来て、そのまま竿先を持っていかれました。

しっかりとアワセを入れるも、電動で巻きあがらず、逆に引きずり出される始末でした。

かなりサイズが良いことが確信できたので、ゆっくりバレないようにテンションを掛けつつ、魚をリフトしてくると、今期で最大となる20キロオーバーのイシナギが上がってきました。

帰港後の計量では20.8キロあり、開幕の日に釣り友が釣ったイシナギよりも少し大きかったです。

 

その後、デッドベイトのスルメイカを使うも、メダイにつつかれたり、小さなイシナギにエサを持っていかれたりしているうちに、潮が止まり何もアタリもなくなりました。

他の同船者の方はメダイと、8キロ程のイシナギを釣った人がいましたが、デッドベイトのスルメイカを加工した短冊状のイカで釣っていました。

そんなエサでも釣れるのだと感心しました。

これは、終盤の小型のイシナギには非常に有効な方法だと感じました。

 

結局、船中でイシナギは2本でしたが、久しぶりの20キロオーバーのイシナギを釣ることができ満足でした。

しかも、今回はイシナギ用に新しく買った剛樹の竿『スタンディングディープ195SS』が活躍したのが嬉しかったです。

 

これで今年は3本、昨年の釣果の4分の1にも到達していませんが、渋いながらも確実に釣果を上げられるようになってきているので、今年ももっとイシナギを釣りたいと思います。

《釣行メモ》

釣行日 2021年7月4日
潮汐 長潮
 満潮  13時12分
 干潮  06時38分
(勝浦)

《使用タックル》

竿 イシナギ用:スタンディングディープ195S、195SS
エサのスルメイカ用:スクイッドロゴス 155H
剛樹
リール イシナギ用:19ビーストマスター6000 シマノ
スルメイカ用:20シーボーグ800MJS、16シーボーグ300MJ ダイワ
道糸 イシナギ用:PE8~10号、スルメ用:PE3号  
ハリス イシナギ用:フロロ 60号  
ハリ 泳がせ30号、石鯛鈎20号  

【仕掛け等細部釣り方等のリンクについて】

 ・イシナギの釣り方等
 ・細部仕掛け等の説明を掲載
 ・本文中で仕掛け等の説明を記載
 ・昨年50キロ超を釣った時のレポート

仕掛けなどについて詳しくは上記リンク先をご覧ください。

《エサ》

サシエ スルメイカ  

 

タイトルとURLをコピーしました