スポンサーリンク

2020年イシナギ釣り 激渋の釣り納めで1本ゲット 外房 勝浦沖のイシナギ釣行について/川津漁港沖(千葉県勝浦市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

千葉県外房の川津漁港沖でのイシナギ釣行の記事について紹介します。7月末と8月の初旬に合わせて2回釣行した時のことです。

 

今回の釣り場は水深が100~120m程と以前よりも深く、釣り方は同様でスルメイカの泳がせ仕掛けで釣りました。

今回も千葉県、外房、勝浦の川津漁港からイシナギ釣りで出港する「基吉丸」さんにお世話になりました。

イシナギの釣期も終盤であり、あまり期待できない状態でしたが、特大にハリスを切られたとの話もあり、あわよくば釣れるかもと思い、淡い期待を持って臨みました。

結果としては、7月末及び8月初旬の釣行で激渋ながらも小型のイシナギを2本キャッチでき、今期はトータル13匹(船宿トップ)、トータル約235キロの水揚げでした。

外房のイシナギ

 

8月初旬の釣行では、いつものようにエサのスルメイカ釣りから始まりました。

今回はサメがおらず、サバもそこまで多くなく、釣り易い状況でした。その代わりにスルメの乗りが非常に悪く、同船者2名と私、船長の4人でイカを釣って合計8ハイでした。(船長4ハイ、私が4ハイで他の人は釣れず)

 

スルメの乗りも悪く、仕方なくイシナギ釣り場に向かうも7月末と同様にイシナギの食いが渋く、反応も極わずかでした。

せめてもの救いだったのが、7月末の釣行では潮がかなり速く、一瞬でイシナギに食わせないといけないような状況(潮が緩んだのが15分程だけ)でしたが、今回は少し緩やかに流れていました。

しかしながら、アタリはするもなかなか食い込まずで、今回も7月末の釣行で釣れた5キロサイズしかいないのかなと思い、ひたすらタナを頻繁に取り直し、オモリも300号を使い、確実に仕掛けが立つようにしました。

そうしていると、終了30分程になり、イシナギのアタリが来て、しばらく待っていると本アタリに移行し、思いっきりアワセてファイトが始まりました。

20キロオーバーのイシナギならファーストランでかなり糸を出されるものの、全く出ず、電動で簡単に巻きあがってくるので、また前回と同じぐらいのサイズと思いやり取りをしていると、案の定、前回とほぼ同じぐらいのサイズの6キロのイシナギでした。

船上に上げられるとすぐに針が外れてしまったので、アワセをしっかり入れていなければ途中でバレてしまっても仕方ないなと思いました。(実際、前日の釣行ではかけたものの、アワセを入れずに上げて来てバレてしまったそうです。)

 

終盤は小型主体になるものの、大型が残っている可能性もあるので、深場での仕掛けの立ちを良くするために、タックルはどれだけ落としても、ハリスは50号、道糸はPE8号ぐらいまでかなと思いました。

昨年はイシナギが接岸していない時期にも行き、5回釣行して5回ボウズを食らいましたが、昨年の失敗を生かして今年は5回行って、5回竿頭という成果を収めることができました。

期間限定の釣りでしたが、最大で100キロオーバーも狙える釣りなので、夢の100キロオーバーを求めて来年も挑戦したいです。

勝浦のイシナギ

 

細部釣り方について

 個人サイトへのリンクです。こちらで細部紹介しています。

 〇イシナギの釣り方やタックルについて

 〇仕掛けの細部作り方について

《釣行メモ》

釣行日 2020年8月6日
潮汐 大潮
 満潮  05時19分
 干潮  12時08分
(勝浦)

《使用タックル》

竿 スタンディングディープ195S(イシナギ用) 剛樹
スクイッドロゴス155H(エサのスルメ用) 剛樹
リール 19ビーストマスター6000(イシナギ用) シマノ
16シーボーグ300MJ(スルメ用) ダイワ
ライン イシナギ用:PE 10号、スルメ用:PE 3号  
ハリス フロロ60号(イシナギ用)  
ハリ 泳がせ30号、石鯛鈎20号 オーナーばり
スルメイカ釣り用仕掛け

《エサ》

サシエ スルメイカ  
タイトルとURLをコピーしました