スポンサーリンク

ライトゲームでアジ&メバル/惣津(上関町)

(うめだ ひろき)。山口県東部・中部を中心にフカセ・ライトゲームを中心に活動。チニング・エギング・シーバス・青物・渓流もやります。モーリス・バリバスフィールドテスター(ソルト・フカセ)、マルキュー・海スタッフ

梅田 洋樹をフォローする

ここ最近、上関(かみのせき)へのライトゲーム釣行が出来ていなかったので上関の「ソウズ」へ行ってみました。

立ち位置は内側の先端。タックルの準備をしまだ明るい時間帯でしたのでとりあえず2gのワイドで何か釣れないかと思いボトムからアプローチしてみるもカサゴが釣れる程度。

夕マズメにもまだ早い時間だったのでコーヒーブレイクをしているとあちこちでナブラが発生!!

規模的に青物ではなさそうなので「アジだろう」と思い5gのメタルジグをキャストするとまさかのイワシ・・・マイクロベイトがかなり見えていましたのでそれを捕食している様でした。

しかし、確実にアジも居るだろうと少しレンジを下げて狙ってみると見事にメタルジグでアジゲット。

その後、ほぼ日も暮れて5gのキャロに変更しアプローチするとアジやメバルをキャッチすることが出来ました。

その後はナイトゲームへ突入し0.9gの『シラスヘッドファイン』+『アジマスト』へ変更しコンスタントにアジを獲ることができました。

この時は最高13キャストで13キャッチをすることも出来て楽しい釣行になりました。

メタルジグやキャロの時はロッドがバリバス『ワークスリミテッドSW610S』でラインは『ソルトウォーターフィネスPEX8』、ジグヘッド単体の時はロッドが『ワークスリミテッドSW63S』でラインは『アジングマスターエスエル0.2号』を使用しました。

その時の状況にあったリグを選択するのは魚に近づく1つの手です。しかしPEとエスエルでは全く違う物ですし、リグの組み換えには時間がかかるので2本以上のタックルを準備するのも釣果を上げる手段です。

結局のところ「ロッドを持ちかえる」これが1番早いリグ交換です。

上関 メバル

上関 アジ アジング

《釣行メモ》

釣行日2018年6月27日
潮汐大潮
 満潮 20時43分
 干潮 14時01分
(周南市)

《使用タックル》

竿ワークスリミテッドSWフィネス610S・63SVARIVAS
リール15イグジストダイワ
ラインアジングマスター[エスエル]、ソルトウォーターフィネスPE X8VARIVAS
リーダーライトゲームショックリーダーVARIVAS
ルアーエコギア アジ職人 アジマスト1.6~2.4インチエコギア
ジグヘッドエコギア シラスヘッドファイン

 

タイトルとURLをコピーしました