日中にサクっとカマスゲーム(広島県江田島市 能美島 大君護岸)

釣りぽ編集部制作の記事です。※一部執筆記事もあり(本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

リポート/後迫 正憲(うしろさこ まさのり) 
アジング、タイラバの名手として知られるが、エサ釣りも含めて多彩な釣り経験を持つベテランアングラー。ダイワフィールドテスター、シーガーインストラクター

釣行日/2022年9月8日



ここは潮位が低くなると護岸際の敷石が出てくるので潮位のチェックをお忘れなく。100cmあればOKです

本文

秋になると広島の島しょ部沿岸各所で楽しめるのがカマスゲーム。カマスの群れを探して、アジやメバルを狙うのに使うタックルとルアーを用いてサイトフィッシングで楽しめます。食べても美味しいので、私は毎年のように釣って食べて、楽しんでいます。今年はどうかと調査に出かけてみました。

やってきたのは実績がある、能美島の大君護岸。護岸から延びる波止は立入禁止になっていますが、根元の護岸からは竿が出せます。沖向きをのぞくと……波止際の敷石の沖にカマスの群れを発見。さっそく狙いにかかります。

私の場合、最初に1.5gのジグヘッドリグを投じてカマスの反応をうかがいます。キビキビとした動きで誘って、好反応ならメタルジグ『月下美人 プリズナー』に切り替えます。フロント、リアにフックがあるので、ジグヘッドリグでは掛かりにくい、ルアーへじゃれてくるカマスもフッキングしやすいのです。カマスのレンジが浅い場合はルアーが少し軽めでもいいので、トレブルフックが2本付いている『月下美人 澪示威SOLID』を投じることもあります。


この釣りにとても効果的な『月下美人 プリズナー』3gがおすすめです

端的にいえばジグヘッドリグだけでもなんとかなるのですが、カマスはご存じのように鋭い歯を持っています。ジグヘッドリグを呑み込まれると、あっさり切られてしまいます。私は呑み込まれ対策でフロロ5ポンドをリーダーにしていますが、呑み込まれてしまうと、やはりかみ切られてしまいます。ちなみにリーダーを太くするとルアーを見切られやすくなるので、5ポンドが上限でしょう。

効率よくジグヘッドリグだけで釣りたいのであれば、メタルライン『太刀メタル』の6ポンドを先糸に入れておくと切られずに済みます。


『月下美人 澪示威SOLID』。これで釣ってもおもしろいですよ

ジグヘッドリグで釣りたいなら『太刀メタル』を先糸にしましょう。メタルラインですが結べるので簡単です

さて、この日はジグヘッドリグで誘うといい反応を見せたので、『月下美人 プリズナー』3gに切り替えてサイトフィッシングを楽しみました。食材にするのに十分確保できたので釣りを終了。短時間で終われるのも、この釣りの魅力ですね。

《釣行メモ》

釣行日 2022年9月8日
潮汐 中潮
 満潮  07時43分
 干潮  14時06分
(呉)

《使用タックル》

ロッド

月下美人 EX AGS AJING 64.5L/MLS-S・Eダイワ

リール

セルテート2500ダイワ

ライン

シーガーPEX4 ルアーエディション 0.3号シーガー

リーダー

グランドマックスショックリーダー 5lbシーガー

ルアー

月下美人  プリズナー3g ほかダイワ

タイトルとURLをコピーしました