投技ジグでマゴチをキャッチ!/船越漁港(愛媛県愛南町)

シェアする

About Author
投技ジグとマゴチ

『投技ジグ』標準装備の『投技フック』がマゴチの上顎を貫いた

ライトショアジグで良型マゴチ!

この日は前日から雨が降り続き、厳しいコンディション。午後になり、雨がようやく止んだので愛南町へ出掛けてきました。

メインターゲットはオオモンハタをメインとしたハタ系の根魚でライトショアジギングで狙います。

メタルジグは今年の5月にカルティバから発売されたばかりの『投技ジグ』。重量は15~40gまでラインナップされていますが、この日はエギングタックルを流用したものを使っていたので、このタックルで無理なく投げることができて、気持ちよくシャクルことができる25gをチョイス。カラーはヒラメゴールドです。

ジグのフォールで食わせることを意識して、ジャーク後にカーブフォールやフリーフォール等を試しながら探っているとフリーフォールにヒット!

重量感があり、引きも強い! 無理はせず慎重にやり取りして上がってきたのは59cmのマゴチでした。

『投技ジグ』標準装備の細軸で触れれば掛かってしまうほど鋭い『投技フック』が上顎を捕らえ見事貫通していました!!

ハタ狙いでしたが思わぬ魚が釣れサイズも大きかったので満足の行く釣果となりました。

綱崎とマゴチ

マゴチとタックル

《釣行メモ》

釣行日 2017年6月25日
潮汐 大潮
 満潮  07時22分
 干潮  13時55分
(宇和島)

《使用タックル》

竿 エギングロッド8.2ft MH
リール スピニングリール2500番ハイギア
ライン PEライン0.8号
リーダー ザイト磯フロロ 4号  オーナーばり
ルアー 投技ジグ 25g ヒラメゴールド  カルティバ
ハリ 投技フック(標準装備)  カルティバ

投技ジグとタックル

シェアする

フォローする