浦ノ内湾の泳がせ釣りで「幻の魚」アカメを2匹キャッチ!/浦ノ内湾 幸丸のカセ(高知県須崎市)

【釣りぽ編集部】の制作記事。基本的な釣り方や釣り場情報、イベント・キャンペーン情報を中心に紹介。

釣りぽ編集部をフォローする
アカメを2匹キャッチ

日本の三大怪魚のひとつ『アカメ』。全長1mを軽く超え、名前の通りルビーのように真紅に輝く目を持つその姿はまさに怪魚。生息地も高知県や宮崎県など西日本の太平洋側の一部に限定されるため、「幻の魚」とも呼ばれる。

そんなアカメを日中にエサ釣りで狙えるのが高知県須崎市の浦ノ内湾。2023年9月に浦ノ内湾でアカメ&チヌを釣った様子を紹介。

釣ったチヌをアカメが襲う

今回の釣行の2週間ほど前の2023年9月中旬に、浦ノ内湾の「幸丸」のカセ(釣り用に設置した小船)・筏にチヌを狙って釣行した時のこと。

短竿を使ったダンゴ釣り「かかり釣り」で20〜35cmほどのチヌが順調にヒット。

ところが、海底でヒットしたチヌを巻き上げてきていると、途中で急に重くなってリールが巻けなくなり、その後に強烈な走りで短竿を根本まで曲げられてラインを切られることが何度も! 上げているチヌを巨大な魚が横取りしているのです!?

この巨大魚の正体がアカメ!

浦ノ内湾のチヌ用筏やカセの下にはアカメが潜んでいて、ハリに掛かって上がってくるチヌやボラ、マダイを横取りしていくのです。アカメからすると、チヌ用筏・カセは楽にエサを食べられる場所となっているのでしょう。

時にはチヌを追って水面まで上がってきたアカメと目があうなんてことも! 浦ノ内湾はチヌを釣りながら幻の魚アカメも狙えるという、他にはない釣り場となっているのです。

浦ノ内湾
周りを山に囲まれた浦ノ内湾。穏やかだが巨大魚が生息する海だ(幸丸の釣り筏)

最初はチヌ釣り(活エサの確保)

チヌをアカメに横取りされたのを見て、9月下旬に浦ノ内湾にアカメとチヌを狙って釣行。

お世話になったのは『幸丸』さん。筏とカセがあって、どちらも屋根やトイレ付き(浦ノ内湾の筏はほとんどが屋根・トイレ付き)。チヌはもちろんアカメ釣りにも力を入れていてアカメダービーも開催しています。

今回はカセを選択。釣行したのは釣りぽ編集部の私(MOTO)とテツの2人です。

渡船でカセに移動したら、まずはチヌのかかり釣りからスタート! アカメを狙うにしてもエサの生きた魚がいないと釣れないですからね。

かかり釣り(ダンゴ釣り)とは

かかり釣りはラインの先にハリを結んだシンプルな仕掛けで、マキエでツケエサのオキアミやコーンをダンゴ状に包んで投入する釣り方。ダンゴは海底までエサ取りからツケエサを守り、海底では割れてチヌを寄せる役目。

使う竿は繊細な穂先を持った筏用の1.3〜1.8mの短竿で、穂先の動きでチヌのアタリを捉えます。リールも筏用ですが、ルアー用のベイトリールも流用可能。

浦ノ内湾のダンゴ釣りのし掛け
宇崎日新 極技 攻IKADA 先調子 1502.

宇崎日新 極技 攻IKADA 先調子 1502.

7,302円(04/21 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

エサはダンゴ(マキエ)とサシエの2種類。

ダンゴは『ニュー赤だんごチヌ』と『激重ペレット』(マルキユー)を使用。集魚効果を上げるため『大物にこれだ!!』と『荒びきサナギ』も加えました。

サシエはオキアミ(生)と練りエサを用意。コーンやサナギ、モエビなどもよく使われます。

かかり釣りのエサ
今回使用したダンゴ。作る時は水を入れすぎないように

この日は海中のチヌやボラの活性が高く、釣り開始直後からアタリが連発。かかり釣りをあまりしていないテツも、順調にチヌやキビレ、ボラを釣り上げました。

チヌ用ダンゴ
ダンゴを握るテツ
チヌを持つ
良型のチヌもヒット

釣れたチヌたちはスカリに入れてキープ。

結果的にチヌやキビレが30匹ほど釣れました。温かい時期の浦ノ内湾のチヌ釣りはとても楽しいですよ!

チヌのかかり釣り
エササイズのチヌもヒット

眼の前にアカメが登場

チヌ釣りを開始して30分ほどして、ふと水中を見ると大きな魚影を発見! アカメだ! 

泳ぐアカメ
カセのすぐ近くを泳ぐアカメ!

よく見ると、水面からほんの2mぐらい下にアカメが何匹もいるのがはっきりと! 大きいものは軽く120cmはありそう。小さいものでも90cm前後。

水中のアカメ
防水カメラで水中撮影すると大型のアカメが何匹も!

上から覗いても逃げることなく、悠然とカセの下をゆっくりと泳いでいました! 幻の魚をこんな間近に見られるだけでも凄いことです!

そして、この頃からチヌを釣り上げてくるとアカメに食われることが多くなりました(汗) 食われないように急いであげてきても、水面まで3mほどのところで「ガツン!」と食われ、「ギューン」とラインが走り、「プツン」と切られる……。

チヌをアカメが食べる
釣れたチヌにアカメが食いついた! チヌ用タックルではどうにもできない相手です

この状況なら生きたチヌをエサにすればすぐにアカメが釣れそう! アカメタックルをセットしてアカメ狙いスタート! ただ、そう簡単にはいかないのですが……。

アカメ釣りタックル

今回アカメ釣りで使ったのは大型魚狙いのルアータックル。リーダーの先に大型魚用の針を結んだシンプルな仕掛けです。

《テツのタックル》
 ロッド:エルホリゾンテ78(TULALA)
 リール:スコーピオンMD(シマノ)
 ライン:PE 4号
 リーダー:フロロorナイロン 80lb
 フック:タマンスペシャル 24号(がまかつ)、カット泳がせ(オーナーばり)など

まずは私がキープしていたチヌを背掛けにして、アカメのいる場所に投入。

アカメの泳がせ釣りのハリの刺し方
針は背掛けに(こちらはヘダイ)

幻の魚アカメがヒット!

チヌがアカメの前に潜っていき、アカメもチヌに反応してチヌの方に向きを変えてチヌとアカメが接近。一発で食うかと思ったら……、アカメはチヌの前でストップ。

同じくアカメの前でストップしたチヌを見ていると思ったら、向きを変えてカセの下へ……。何度やっても同じ動きで、やがてチヌを落としても反応しなくなりました。

かかり釣りを続けているテツは、やはり何回かに1回はアカメにチヌを食べられているので、アカメ狙いのチヌを見切っているようです(汗)

こんなやり取りが目の間で見られるだけでも凄いのですが、釣れそうで釣れないのは悔しいもの(汗)

ただ、長く泳がせていても警戒するのか反応が悪くなるだけだったのでアカメ仕掛けは回収。

もう一度、2人でチヌを釣ってアカメの活性を上げて、いいタイミングを見計らってアカメ仕掛けを入れることに。

チヌを何匹も釣る→アカメの活性が上がる→アカメ仕掛けを入れる→見切られてアカメの活性が下がる→チヌを何匹も釣る→・・・を何度か繰り返した昼過ぎ。

チヌ仕掛けでアジが釣れたので、目先を変えてやろうとダメ元でアカメ仕掛けにアジを付けて投入。すると、、、勢いよく潜っていったアジをアカメが追ったと思ったら、フリーにしていたリールから一気にラインが出ていくアタリ!

アワセたと同時に、竿が大きく曲がりドラグが出ていく強烈な走り! 何もない沖に向かったので、少し走らせながらやり取り。

やがて海面に大きな魚体が浮いてきたと思うと、迫力のエラ洗い!

アカメの引き
アカメとのファイト

その後は急におとなしなったので、大型のネットで頭から取り込み成功! 

海水をかけたシートの上に上げて計測すると101cm! 念願のメーターオーバーのアカメをキャッチできました。

アカメを釣り上げた
こんな大型魚が釣れる高知の海は凄い!
101cmのアカメ
ギリギリですがメーターオーバー達成

海水をかけながら素早く撮影してリリースです。アカメはすぐに泳ぎ始めないこともあるので、元気になるまで海中で持っていようとしたら、すぐに力強く反転して私に水をかけながら海中に戻っていきました。

びしょ濡れになったけど、元気に戻ってくれて満足です(笑)

さらに大きなアカメがヒット

念願のメーターオーバーのアカメを釣って満足の私。アカメは満足したので、ここからはチヌ釣りに集中(チヌ釣りも好きなのです)。

一方のテツはアカメタックルを持って来ているのに、久しぶりのチヌ釣りが楽しいのかチヌ釣りに集中。アカメ釣りはやらないのかと思っていたら、納竿1時間前になって「アカメ狙ってもいいですか?」。

アカメを釣りたい私のためにチヌを釣ってアカメの活性を上げていてくれていたようです。

ここからはテツはアカメを狙い、私はチヌを釣ってアカメの活性を上げます。まだアカメを釣ったことのないテツには、ぜひアカメを掛けてもらいたいところ。

チヌやアジを何匹か釣ったところで仕掛けを投入。これを3回繰り返したところでラインが走りだしてテツにもアカメがヒット!

ロッド『エルホリゾンテ78』を大きく曲げながら、下に向かって走るアカメとやり取りするテツ。

アカメとのやりとり

やがて海面に浮かんできたアカメはさきほどのよりも一回り大きい! 無事にネットに取り込み成功。

アカメの力強い走りに、釣り上げた直後のテツはこの表情。でもものすごく嬉しかったそう。計測すると110cm! 軽くメーターをオーバーするアカメでした!

アカメを釣り上げたテツ
浦ノ内湾のアカメ
110cmのアカメ

撮影後は海面でエラに海水を送って元気になったところでリリース。

アカメを蘇生
手でエラに水を送る
泳ぐアカメ
元気に反転して潜っていくアカメ

メーターオーバーのアカメを2匹釣り上げることができ、チヌ釣りもよく釣れて楽しい浦ノ内湾釣行でした。

お世話になった幸丸さん、ありがとうございました。

アカメ釣りの注意点

浦ノ内湾の筏やカセでアカメ釣りをする時、真夏は筏やカセの上も熱くなっていることがあります。アカメは海水を撒いて冷やしてから上げるようにしましょう。

シートがあれば、シートに乗せたままアカメを持ち上げてリリースできるので便利です(シートを使う時も海水を掛けて冷やしてください)。

アカメ必需品シート
シートがあるとアカメを傷つけずにリリースしやすい

利用渡船/幸丸(高知県須崎市塩間)

筏やカセからチヌやアカメが狙える。高知県唯一の海上釣堀もあります。