船からのアジのサビキ釣り/佐賀関沖(大分県大分市)

シェアする

スポンサーリンク

杵築の納屋港から「そうや丸」さんにて佐賀関沖へアジ釣に行ってきました。

当日は大潮で、満潮(9時22分/大分)の前後の潮が緩む時間帯が勝負だと少し気合いをいれて釣り開始。スタート時は満ち潮でポツリポツリでコンスタントにアタリます。

水深120m超えでの釣りなので手返しに時間がかかりますが、40cmを超える大型アジです。

ヒットしたらリールの巻き上げ速度をゆっくりめにして、竿は手持ちで波の上下に合わせて慎重にあげます。中には50cmを超える大型もヒットします。

引き潮がいきだすとアジの喰いもいっそう良くなり、一流しに2から3回程アタリます。2桁の釣果で満足の釣行となりました。

使用するサビキについては、アタリやすいサビキがあるので釣行の際は船長に聞くのがベストです。

佐賀関沖のアジ釣り

大型のアジをキャッチ

アジ サビキ

アジは釣った後の楽しみも大きい魚



《釣行メモ》

釣行日 2018年2月16日
潮汐 大潮
 満潮  09時22分
 干潮  15時07分
(大分)

《使用タックル》

竿 リーディング MH230 ダイワ
リール レオブリッツ300J ダイワ

《利用遊漁船》

そうや丸
The following two tabs change content below.
佐賀関太郎
佐賀関太郎
堤防、磯から始まり今はもっぱら船釣り一筋。釣った魚は大事に頂くをモットーに自然に感謝、楽しく安全にやります。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする