スポンサーリンク

釣りの疑問【船釣りで船酔いしない方法】

釣りぽ編集部

釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

釣りぽ編集部をフォローする

質問:

船釣りデビューを考えています。響灘や玄界灘へ出ていくことになりますが、一番の不安は船酔いです。フェリーや高速艇で酔ったことはありませんが、遊漁船はどうでしょうか?

船によく乗られている方は船酔い対策はどのようにしているのでしょうか? また船には慣れるものでしょうか? 

回答:

回答者:レジャーフィッシング編集部

船には弱いが、船釣りが大好きという方もたくさんいらっしゃいます。そういった方たちの船酔い対策は3つ。

・「睡眠」

・「酔 い止め薬」

・「におい対策」

です。

これで少々の波では酔わなくなります。あとは酔ったときに無理をしないことも大切です。

 

◯睡眠

3つの対策の中で一番大切なものは「睡眠」。釣行前夜はしっかり寝ておきましょう。

睡眠が不足していると、酔い止め薬もにおい対策もほとんど効果がありません。二日酔いなどは間違いなく酔います。船で最初から最後まで寝っぱなしという事態も起こります。

 

◯酔い止め薬

次に酔い止め薬。いろんな種類があるなかで、船釣りをする方から圧倒的に支持されているのが『アネロン』(エスエス製薬)。

これを寝る前に1錠、船に乗る40分前に1錠飲むとよく、これでほとんどの場合は船酔いしません。ただし人によっては劇的に眠くなるそうです。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

601円(10/01 06:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

◯におい対策

においで酔うのは船の排気ガスがほとんど。船に弱い人は、このにおいをかいでいると酔ってしまうので、排気ガスの直撃する場所はできるだけ避けましょう。

※乗合船の場合、移動する時は船長に相談してください。

 

◯空腹にも注意

上記の3つの他に、空腹も避けましょう。胃液が揺れると酔いやすくなるそうです。

かといっておなかいっぱいではなく、ある程度満たしておくくらいにしておくことが大切です。バナナなどはよく食べられていますね。

 

船への慣れですが、こちらは人によって度合いはありますが、最初は酔っていいても何度も乗って船に慣れると酔わなくなる人もいます。

また、体調を整えて事前の対策をしておけば、不安も取り除かれて船酔いしにくくなることでしょう。

瀬戸内海は年間を通じて波の穏やかな日が多い
玄界灘など日本海側はシーズンを通して波が高い
タイトルとURLをコピーしました