古満目の磯で底物釣り/古満目 シオフキの大バエ(高知県大月町)

シェアする

About Author

6月18日に大月町古満目へ底物をしに行ってきました!

朝日渡船様にお世話になって、渡った磯はここ数日好調な「シオフキの大バエ」。

古満目は有名なクロハエへは何度か渡ったことがあるのですが、このシオフキの大バエは初めての磯。ドキドキしながらタックルを組みます。

今回、エサはガンガゼを約90個持って行きました。

さっそくエサをつけて投入! 初めての場所ですので最初は様子見で、軽く投げて26mのところへ仕掛けを置きます。

しばらくしてアタリが無いので回収してみるとガゼがほとんど残って帰ってきました…。

次の投入で26mからゆっくり底を探っているとカケアガリを発見! 「絶対ここや!」と思い仕掛けを置いてピトンへ竿を置くと、すぐにガンッガンッとアタリ。

イシガキっぽいアタリがしばらく続いて回収してみるとと芯まで取ってます。活性は良いみたいです!

がま石 青獅子とダイワ トーナメント石鯛Z40

竿『がま石 青獅子』と『ダイワ トーナメント石鯛Z40」

次の投入も同じカケアガリに置くとすぐにアタリが来ます。相当ガキが居る状態ですね(笑)

4投目くらいにピトンへ置いた直後、ガンガンガンッと6割くらい持って行きます…「そのまま行け!」そう思った瞬間にギューーーン!! 『青獅子』が根元から綺麗に海中へ突き刺さりました! すぐさまピトンから外して鬼アワセ!

引きを楽しみながら浮かせたのは37cmのイシガキ。小さいですが、前回ボウズだったのでかなり嬉しかったです(笑)

魚をストリンガーへと繋いで、同じポイントを攻め続けます。相変わらずガンガンあたってきて、すぐにエサを取られる状況。

そこでウニの棘を短く切らずに半分の長さに切って投入することに。

その1投目で「ゴンゴンッギューーーン!!」

またも根元までがっつり突き刺さりました!

「戻るなよ!」そう言いながら竿を掴んで鬼アワセ!

あまり締め込まずに上がってきたのは35cmのイシガキでした。

その後も「朝の時合いで釣っておきたい」と思い、手返しよく仕掛けを打ち返します。

しばらくカケアガリで走らないアタリが続いたので、今度はカケアガリになる寸前のフラットな海底へ仕掛けを置くとゴンゴンゴンッギューーーン!! と気持ちよく竿が入りました!

アワセを入れると今度は少し締め込みます。浮いてきたのは40cmとサイズアップ! 絶好調です(笑)

今回一緒に磯に上がった百田さんは底物3回目。

私は3枚釣りましたが百田さんの竿にはアタリが無かったので、これはどうしても釣ってもらいたいと思いカケアガリへの仕掛けの置き方を教えてやってもらっていると、その後の3投目でついに百田さんにギュン! ギューーーン!!

段を付けて竿が入りました。間違いなく本命のアタリ! 浮いてきたのは良型の綺麗な本石(石鯛)! 私は逃がさないように磯際へ降りて瀬ズレを掴んで一気にズリ上げました。

百田さんの初の50オーバー(51cm)! かなり喜んでもらえて私も嬉しかったです!

百田さんと良型石鯛(本石)

私も負けじと狙いますが、納竿間際に来た竿が磯に張り付く強烈なアタリは60クラスのヒブダイ…。

引きは楽しめたので良かったです(笑)

ヒブダイ

納竿間際にヒットしたヒブダイ

この日の釣果は35〜40cmのイシガキ3枚と51cmの本石1枚。2人で4枚と上出来の釣果でした。

これから暑くなりますが、行けるだけ毎週磯に立ちたいと思います。



《釣行メモ》

釣行日 2019年6月18日
潮汐 大潮
 満潮  05時52分
 干潮  12時39分
(土佐清水)

《使用タックル》

竿 がま石 青獅子560MH がまかつ
リール トーナメント石鯛Z40 ダイワ
道糸 磯スペシャル本石鬼憧24 サンライン
瀬ズレワイヤー 石鯛巧舎ステンレス・ワイヤー キングポイント 36×7 ゴーセン
ハリスワイヤー キングポイント49 7×7♯44 ゴーセン
ハリ ガゼ16 がまかつ
オモリ 六角40
天秤 石鯛巧舎 石鯛シーソー天秤 環大
ゴーセン
サルカン 石鯛巧舎 クレンサルカン1/0
石鯛巧者 ローリングコークスクリュー1/0
ゴーセン

《利用渡船》

朝日渡船

シェアする

フォローする