スポンサーリンク

投げ釣り ハリの数で飛距離は変わるか?/ジッケンショー

ジッケンショーロゴ

レジャーフィッシング編集部が釣りの疑問をフィールドで検証

『飛び出せ ジッケンショー!』

今回のテーマは、、、、、

『投げ釣りでハリの数で飛距離が変わるのか

キスの引き釣りにおいて、ハリ数が多くなればなるほど飛距離が落ちると言われています。

たしかにハリ数が増えれば、長くなったハリスと増えたエサによって空気抵抗が増大するけど小さなハリとエサがそんなに影響するのか?

今回もトップキャスター日置淳さんに実験に協力してもらいました。

《実験方法》

実験は3本バリ仕様と8本バリ仕様のキス仕掛けを使い、3投ずつキャストしてその平均値を出して比較!

タックルや計測方法は『オモリの材質による飛距離の変化の実験』と一緒です。

仕掛けはシマノ『攻めキス投げ仕掛け6号』の3本バリ仕様と8本バリ仕様。天秤はキスの引き釣りで一般的に使われるL型天秤を使用(オモリは鉛製)

ハリにセットするエサはイシゴカイ。実際の釣りと条件を揃えるべく、2cmほどに切ってハリに刺しました

《実験開始》

キャスト前は周囲の安全確認を。また仕掛けに掛かる恐れのあるゴミなども取り除きました

「3本バリと8本バリではスイングする際の初速が違いますね」と日置さん。それだけ仕掛けとエサの抵抗は大きいのだ

《実験結果》

飛距離
3本ハリ 8本ハリ
1投目 194m 190m
2投目 197m 191m
3投目 195m 191m
平均値 195m 190m

※小数点以下は切捨て

なんと! ハリ数の違いで5mという明確な差が出ました! 

3本バリ仕掛けと8本バリ仕掛けの全長は130cm違い、それに2cmに切ったエサが5つ増えるだけでこれだけ飛距離が変わるんですね。

普段の釣りでもそうですが大会やトーナメントになると、この5mの差というのは釣果に大きな影響を及ぼしそうです。

また、キス釣りだけではなく、カレイ釣りにおいても1本バリと2本バリ、エサの種類や付け方によっても飛距離の違いが生じると思われます。

投げ釣りって奥が深いですね。

《日置淳さんの感想》

これまでロッドやリール、仕掛けなど、いろんな釣具の開発に関わらせていただきましたが、オモリの種類やハリ数の異なる仕掛けを使って飛距離テストをしたのは今回がはじめてでした。
実験した内容については「鉛よりもタングステンのほうが飛ぶ」、「ハリ数が少ないほうが飛ぶ」というのは分かってはいました。でも、どちらも感覚的なものだったので、こうやって数字を目で見るっていうのはおもしろいですね。いい勉強になりました。ありがとうございました。

0
The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。釣りに役立つリポートをお届けします。 tsuripo.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク