アジ&メバル キャッチ/上関漁港(上関町)

シェアする

スポンサーリンク

こんにちはバリバリフィールドテスターの梅田洋樹です。山口県上関にライトゲーム釣行しましたのでレポートしたいと思います。

季節的にアジもメバルも狙えるだろうと釣行しました。

まだ明るい時間に到着すると風が非常に強く釣りにならないレベル。暗くなり風が収まるのを待ってから実釣開始です。

最初はバリバス『アジングマスター[エスエル]』0.2号に『エコギアシラスヘッドファイン』0.9g+『エコギア熟成アクア 活アジコムシ』で開始。

するとすぐにアジからの反応があり幸先良くアジをキャッチできました。

活アジコムシ アジ

『エコギア熟成アクア活アジコムシ』にヒット

その後、ほぼ無風になり水面を割るライズが発生し始めたのでジグヘッドを0.6gに下げ、ワームを『エコギアアジ職人 アジマスト』1.6インチに変更し表層をリトリーブするとブルーバックのメバルをキャッチできました。

その後もコンスタントにアジとメバルをキャッチ。ジグヘッド単体に反応しない魚にはフロートリグをチョイス。これでブルーバックのメバルをキャッチできました。

ラインはフロートの時はPEを使用します。PEはバリバス『ソルトウォーターフィネスPE X8』の0.2号。極細8本撚りで真円度が有り、強度・使用感・飛距離・感度と申し分無いPEです。

結果、リグを使い分けてアジ・メバルと数も釣れて満足の釣行となりました。

気候も暖かくなり釣りもしやすい時期になってきました! みなさんも是非、魚影の濃い上関へ釣行されてみてはいかがでしょうか。

今回、釣行場所に選択したのは漁業協同組合上関支店の南側の波止場です。

ここには「投げ釣り禁止」の看板があります。これは決して釣り禁止の看板ではなく漁師の方々に迷惑を掛けないで下さいと促す為の看板だそうです。

漁船が通れば仕掛けを回収し、ゴミを捨てない、夜に大きな声を出さない等マナーを守って釣行するようにしましょう。

編集部からのお願い

釣り人のナマーの悪さによって釣り禁止となる港が増えています。

釣場ではゴミを持ち帰る、漁網などに触れない・踏まない、邪魔にならない場所に駐車する、夜間の大声やドアを閉める音に気をつける、立入禁止場所には入らないなどのマナー・ルールを守って釣りを楽しんでください。(釣りぽ編集部)

《釣行メモ》

釣行日 2018年5月15日
潮汐 大潮
 満潮  21時03分
 干潮  14時38分
(徳山)

《使用タックル》

竿  ワークスリミテッドSWフィネス  VARIVAS
リール  15イグジスト  ダイワ
ライン  アジングマスター[エスエル]、ソルトウォーターフィネスPE X8  VARIVAS
リーダー  ライトゲームショックリーダー  VARIVAS
ジグヘッド  シラスヘッドファイン  エコギア
ワーム  エコギア 熟成アクア 活アジコムシ・エコギアアジ職人アジマスト  エコギア

The following two tabs change content below.
梅田 洋樹
梅田 洋樹
(うめだ ひろき)。山口県東部・中部を中心にフカセ・ライトゲームを中心に活動。チニング・エギング・シーバス・青物・渓流もやります。モーリス・バリバスフィールドテスター(ソルト・フカセ)、マルキュー・海スタッフ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする