巻くだけ釣れる! プラグでメバリング/伊保庄の波止(山口県柳井市)

シェアする

プラグ メバル ヒット 釣りぽ

ミノーのタダ巻きでキャッチ

この日、プラグでのメバリングに初チャレンジしたのはSAYAさん。今回の釣りを楽しみにしていたそうで、「どれがいいんですか?」とメバル用のプラグが並んだルアーボックスを楽しそうに吟味。

メバル プラグ 選ぶ 釣りぽ

どのプラグを使うか選ぶのもこの釣りの楽しさのひとつ

選んだのはダイワ『月下美人 漣Z 60F』というフローティングミノー。その理由は「よく飛んで目立ちそうだったから」とのこと。

釣り場は柳井市の伊保庄にある波止。周囲は全体的に砂地で水深も浅い場所だが、沖の潮通しがよく、潮が満ちるとメバルが波止周りを回遊する。そのタイミングで狙ってみることにした。

「投げやすいし、リールを巻くとブルブルってふるえる感触がしますね。これはわかりやすい!」

難しいアクションはつけずに一定速度で巻いてくるだけ。戻ってきたらフックにラインが絡んだ「エビ」状態になっていないかだけ確認してまたキャスト。手返しよく釣れるので楽しいとのこと。

「アタリってどんな感じでくるんですかね? あれ、いまなんかゴツゴツってきたような」

どうやらアタリのようだ。そこで同じ場所に投げて同じスピードへ引くようアドバイスすると、小ぶりではあるがメバルをキャッチ!

「すごーい! けっこう大きなルアーなのに食べようとするんですね!」

この1匹ですっかりルアーのおもしろさに目覚めたSAYAさんは、ルアーを変えながら釣っていくが、やはり最初に釣った『月下美人 漣Z』がお気に入りのようで、これにチェンジしてメバルを追加した。

月下美人 漣Z メバル キャッチ 釣りぽ

お気に入りの『月下美人 漣Z 60F』でメバルをキャッチ

「寒かったですけど、それ以上に楽しかったです。夜にみなさんが出かけている理由が分かりました」

ヒットしたのはリリースサイズばかりだったが、プラグでのメバリングはすごく楽しめた様子。

はじめでも「釣れる」「楽しめる」そんなプラグのメバリングに出かけてみよう!

メバル プラグ アクション

この日は無風で釣りやすい状況だったのも幸いした



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年12月9日
潮汐 小潮
 満潮  01時02分(10日)
 干潮  19時32分
(徳山)

《使用タックル》

竿 グラマーロックフィッシュ SR70M ブリーデン
リール エルフ 2000S シマノ
ライン ソルトウォータースペシャル・スモールゲームモノ 4lb サンライン
ルアー 月下美人 漣Z 60F
The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする