親子で楽しむサビキの小アジ釣り/外入港(山口県周防大島)

シェアする

スポンサーリンク
サビキ釣り 釣果

釣果の一部。このあとお父さんがさばいていました

ウキを付けての沖の浅ダナ狙いで連発

この日、アジを狙って釣行したのは川崎健志さんと息子のせなくんと娘のここなちゃん親子。

釣り場の周防大島・外入港に着いたのは7時前。波止先端には先客がおり、片付けをしていたので話を聞くと、4時からはじめて6時までの間で15cmまでの小アジがよく釣れたのでもう帰るとのこと。

そこでその釣り座に入らせてもらうことにして釣り開始。

足元にエサのアミエビを撒くとスズメダイが大群で寄ってきた。先客の話では「薄暗いうちはスズメダイの動きが鈍くて近距離でもアジがよく釣れるんですよ。だから4時から釣りしていたんです」とのこと。

「(日が昇っているので)足元狙いは期待できそうにないですね」と言いながら川崎さんはウキをセットしたサビキ仕掛けを作り、20mほど沖を狙ってアジを探すことに。

せなくんとここなちゃんは2.5mほどのルアーロッドに3本バリのサビキ仕掛けを作ってひとまず足元狙いでスズメダイを釣って時間をつぶしてもらうという。

沖を狙った川崎さんはさっそくアジをヒットさせて「沖にはアジがいますね〜」。

サビキ釣りで釣ったアジ

沖を狙ってこの日の最長寸20cmのアジを釣った川崎さん

その後も20m沖、2mほどのウキ下でおもしろいようにアジが掛かってくる。というわけで子供たちのルアーロッドのサビキ仕掛けにもサビキウキをセットして全員で狙うことに。

海面に浮かぶ大きめなウキが「ピコピコッ」と小刻みに動いたあとに沈んだり、海面に横たわったりとさまざまなアタリが出るたびに子どもたちは大興奮。2人とも自分の持っている竿に魚が掛かるということがたまらなく楽しいようだ。

アジを釣った親子

「息子とはいつもはサッカーばかりなんで違った雰囲気で過ごせました」と川崎さん

アジを釣る子ども

ダブルヒットを達成したここなちゃん

11時まで休み休み釣っても50匹以上の釣果。釣ったアジは持ち帰って夕食の唐揚げにするのだとか。

「子どもが楽しんでくれたのでよかったです。魚を食べるのも好きなのでおいしくいただきます」と川崎さんもうれしそう。

この日は納竿後が満潮だったので、そのタイミングから釣り場入りする人も多く、アジが好調に釣れていた。今後もしばらく釣れる見込み。

家族で楽しむには絶好の釣りなので出かけてみてはいかがだろうか。

周防大島 アジサビキ釣り

飲み込みが早くアジをどんどん釣り上げたせなくん

釣り方教わる

お父さんに竿やリールの扱い方のコツを教わる

アジサビキ ルアータックル やり取り

長い竿でのサビキ仕掛けは子どもには重い。エギングやシーバス用のルアーロッドがちょうどよい

娘のここなちゃんもアジをキャッチ

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年8月14日
潮汐 小潮
 満潮  13時13分
 干潮  07時03分
(大畠)

《使用タックル》

竿 磯竿 2号 4.5m
リール エアノス 2500 シマノ
道糸 BASIS磯ナイロン 1.5号 シマノ
ウキ サビキ潮見 12号 キザクラ
サビキ仕掛け 小アジ専科 079ピンクスキン 5号 ハヤブサ
マキエカゴ プラスチック製 12号
ウキ止め 3色うき止めゴム
シモリ玉 カゴウキシモリ キザクラ

《エサ》

マキエ アミエビ 4kg
The following two tabs change content below.
編集部 石橋
編集部 石橋
(へんしゅうぶ いしばし)。レジャーフィッシング編集部スタッフ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする