山口東部は夏までチヌ釣りが楽しめそう/阿月港南の小波止(山口県柳井市)

シェアする

About Author

広々とした場所で沖は砂地。手前に敷石があるのでそこだけ注意すればやり取りも存分に楽しめます

2017年5月13日当日は9時に釣り場到着。潮が下がっていきますが、ここは沖にカケアガリがあって干潮時でも6mほどの水深があるので不安はありません。

マキエを15分ほどかけてじっくり広範囲に撒いてから準備をして釣り開始。0号のウキに軽い仕掛けの全遊動仕掛けで挑みました。ウキからハリまでは5mの設定です。

海に向かって右ななめ10mほど沖に投げて流していくと、仕掛けがなじんだくらいでウキが沈みました。アワせを入れるとチヌがヒット。早々のヒットのように思えますが、これは釣る前に撒いたマキエの効果です。

ここから2連続でチヌがヒット。サイズもそろっています。

仕掛けがなじみ切るとウキがシモる設定にしているので、食ってきたのは5mの範囲内。水深を考えると少し浮いているようです。

しかし次第にフグが多くなってオキアミがチヌのタナまでもたなくなりました。チヌが集まっているその上にフグがいるようです。こんなときにチヌが5mよりも上に浮いてくれると、フグが散ってまた釣れます。しかし、そこまで活性は高くないようです。

そこでサシエを練りエサにして少し速く沈めるようにしました。狙いのタナが深く、フグが大群だと沈みが速くて目立つ練りエサは逆効果になったりします。

ただし水深5m程度でフグがさほどいないのなら、かじられながらもチヌに届いてくれるはずと見込んで釣ってみると、3連続ヒットさせることができました。こんなふうに浅い場所はエサ盗りが集まりやすいですが、チヌがいるなら対策もしやすいのです。

結果6匹の釣果。このあたりはこれから乗っ込みですので、7月まではサイズも数も期待できるでしょう。ぜひ出かけてみてください。

最後にお願いです。最近釣り場にゴミが目立ちます。それが原因で釣り禁止になる場所もあって悲しく感じております。みんなできれいにして釣りを楽しみましょう。

河角直樹

釣果。1匹だけ持ち帰った

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年5月13日
潮汐 中潮
 満潮  09時47分
 干潮  16時14分
(大畠)

《使用タックル》

配合エサはこの1種のみ。固形物、比重、集魚力と文句なしです。オキアミ3㎏と混ぜれば午前中楽しむのに十分です

《エサ》

マキエ 湾チヌスペシャル マルキユー

シェアする

フォローする