MFG中国グレ釣り懇親会大会

シェアする

●主催/MFG中国支部

2017年6月11日(日)に『MFG中国支部グレ釣り懇親会』を山口県光沖の磯で開催しました。参加人数は56名、梅雨時期にも関わらず好天に恵まれました。

例年この時期の光沖は瀬戸内海では珍しい40cmオーバーのグレの釣果もコンスタントにあがります。柳生和夫マルキユーインストラクターが2週間前に前釣りされた時も好釣果であったことから、大いに期待が持てます。

光沖の尾島・牛島に1隻、祝島に行く予定の船はアジが多いとのことなので好調の下松沖の笠戸島に2隻向かいました。元々、祝島は良型が出ますが、釣果にムラがあるエリアなのでこの船割なら全員釣果が期待できます。

私は笠戸島の割と沖側にある、「ひな壇」という磯にあがりました。それほど実績のある磯ではありませんが足場の良い遠投釣り場です。通常ですと沖で30cmオーバーが拾えるので遠投で狙いますが、この日はキーパー無いサイズばかりです。そのうちアジも沸いてしまい、前評判通りにはいかない状況です。

練りエサの『魚玉ハード』(マルキユー)で中間距離を狙い、何とかポツポツとキーパーを拾いますが最後まで良型は拾えないまま納竿となりました。

全体的な状況は、海水温の上昇の影響が瀬戸内海にも来ているのでしょうか? 釣れていたのは限られたエリアのみでした。光沖に至っては最高で4匹と、この時期には考えられない貧果に終わりました。それでも釣れているエリアの方は5匹で2500グラム以上の釣果があり、上位の検量は混戦模様です。

そんな混戦の中を制したのは山口の藤井信之さん。2820グラムで2位に200グラム以上差を付けられていました。藤井さんは昨年もこの大会優勝しており2年連続のM-1カップ出場権を獲得しました。2位は大混戦で笠戸島の船内釣果が3名同重量です。

厳正なるジャンケン?の結果、大知豊さんが2位に収まりました。3位は光沖エリアで唯一4枚の釣果を上げた美之口さんでした。

場所ムラが多く、釣果は今一つでしたが天候にも恵まれ、会員の皆様の交流の場としては充分な役割を果たせた一日でした。参加された会員の皆様、役員の皆様大変お疲れ様でした。

(報告/MFG中国役員 岩田則之)

◎《大会結果》◎

優勝 藤井信之  5匹 2820g(栄勇丸)
2位 大知豊   5匹 2580g(釣好丸)
3位 美之口和也 4匹 1520g(勇貴2)
4位 大知正人  5匹 2580g(釣好丸)
5位 西田智之  5匹 2480g(栄勇丸)
6位 竹中満和  2匹 800g (勇貴2)
7位 小松和伸  5匹 2580g(釣好丸)
8位 林能伸   5匹 2400g(栄勇丸)
9位 石本正幸  2匹 660g (勇貴2)
*各船横取り方式で順位を決定。

MFG中国グレ 入賞者

上位入賞された選手たち

MFG(マルキユー ファン グループ)

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
編集部のオススメ

シェアする

フォローする