サンライン&ダイワエギングフェスティバル2018 in 周防大島

シェアする

スポンサーリンク

サンライン&ダイワエギングフェスティバル2018 集合写真

●主 催/サンライン・ダイワ
●会 場/周防大島・椋野漁港(山口県)

2018年10月21日(日)、山口県大島郡周防大島の椋野漁港を会場にエギング大会【サンライン&ダイワエギングフェスティバル2018 in 周防大島】が開催された。

初のサンラインとダイワの共催イベントとあって注目度も高く、当日は200組を超えるエントリーがあり約400名が参加する大盛り上がりの大会となった。

今大会のルールは参加選手は受付後にそれぞれ思い思いの釣り場に向いエギングでアオリイカを釣り、リミットタイムまでに戻ってきて検量を受けるというもの。2人1組で2ハイまでの合計重量で順位を決するというもの。

この日は晴天ではあったものの強い風のせいで釣り場が限られたが約3分の1の参加者が釣果を持ち込んだ。

優勝は中原さん・金本さんペア。朝マズメのチャンスに釣り歩いて釣果を得ることができたとのこと。明るくなってからはイカの活性が下がり釣果は上がりにくかったようだ。

表彰後はお楽しみ抽選会、釣りのイベントでは珍しい餅撒きが催され、最後まで盛況のうちに大会は終了となった。

来年度も開催予定とのこと。人気の大会だけに開催告知が出たら早めのエントリーが必須のようだ。




◎《大会結果》◎

優勝 中原 寛晃&金本 正也
2位 片平 孝昭&植木 知弥
3位 村中 智成&山崎 裕幸 

(敬称略)

サンライン ダイワ エギングフェスティバル 優勝

優勝の中原さんと金本さん。来年も優勝を勝ち取ります! と宣言してくれた

2位

3位

キッズも風に負けじとアオリをキャッチ!

上位入賞選手

大会ギャラリー

トークイベントやサイン会も催された。サンラインからは山田ヒロヒトさん、野村珠代さん、ダイワからは植田益生さん、秋丸美帆さんが来場

クジ引きなども大盛況だった

検量はサンライン、ダイワのスタッフが厳正に行った

山田さんが展開しているアパレルの販売ブース

サイン&撮影タイムは長蛇の列

ラストの餅撒きは大盛り上がり!

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする