LB搭載スピニングでタイラバ/山口県沖(出船:北九州市小倉北)

シェアする

スポンサーリンク

今回は久しぶりの九州のタイラバということで、いつもお世話になっている宮崎船長の操船する北九州の「ガイドサービスセブン」さんへ行きました。

今回の縛りとして、タイラバのみで『セブンストレーラー』(ガルプ)の効果をこの目で確認したいということがありました。

ガルプ セブンストレーラー

現在の拠点が北海道なので、いつも使っているタイラバ道具やジギング道具などが無いということもあり、九州に置いていたタイラバの予備タックルでの挑戦となりました。また、この日の釣りはレバーブレーキ搭載スピニングリールでのタイラバの検証も兼ねています。

出船して1時間半ぐらいでポイントの山口県沖に到着しました。ここは水深20m~40mのかなり浅いポイントで、タックルはややミスマッチでした。

到着後、セブントレーラーを付けての一流し目に、2キロ程の可愛らしい真鯛がヒット。サイズのわりによく引き、久しぶりにドラグを出すファイトが楽しめました。

この魚は『セブンストレーラー』をしっかりと食べていました。

この後も、回収中に真鯛らしきアタリがありましたが『セブンストレーラー』のみを持っていかれました。やはり、北海道でも有効なこの製品は、当然のことながら真鯛をはじめ、いろいろな魚に有効であることが改めて実感しました。

今回の釣行では終始、タイラバよりジグにヒットが集中し、ジグでされていた方はイサキをたくさん釣られていました。また、コアラちゃん(クエの子供)も釣れ、非常に魚影が濃い地域だなと思うとともに、現在開幕中の平戸沖のイカを使ったクエの泳がせ釣りに行きたいと感じました。

コアラちゃんは迷わずリリースですが、平戸沖の30キロオーバーのクエはここ数年その時期に帰れず行けてないので、行って自己記録更新サイズ(30キロオーバー)を何とか釣りたいと思いました。

ちなみに平戸沖のクエは非常にマニアックな釣りで楽しいですが、半端な気持ちで挑むと大けがや下手をしたら死んでしまうこともある危険な釣りなので初心者の方には絶対にお勧めはしません。

ジギングでブリを釣りなれて、クエをやろうと考える人も過去にいましたが、極太のPEとハリス、魚のサイズなどを考えると、無謀と思い、止めたこともあります。

10キロの魚と30キロの魚ではものが違うので、生半可な気持ちでやると、自分のみでなく周りの人も巻き込む可能性があるので、これらの大物に挑むときはしっかりとした準備が必要です。

今回の釣行でセブントレーラーの効果を再認識できたとともに、セブンのジグの『タイラー』のフックシステムや『海士』のカスタム等もいろいろとデータが取れ、非常に有意義な釣行でした。
常連さんたちも非常に気さくな方ばかりで、とても楽しかったです。

色々な魚種がヒット

レバーブレーキを使ったスピニングタイラバ

今回もレバーブレーキを使ったスピニングタイラバで臨みました。

最初にヒットさせた真鯛は、中層まで巻き上げてセブントレーラーの浮力を利用してゆっくりと沈ませながらアピールさせて、着底後レバーを切り換えて巻き上げでヒットさせました。レバーブレーキでのフォールとフリーフォールの組み合わせでしっかりと見せたりするのが鉄板なやり方です。

この他にイサキも釣れましたが、これもレバーブレーキでのフォールでヒットしました。ジグの人にフォールでヒットしていたのを見て、うまくレンジを合わせてヒットに持ち込みましたが、最初はネリゴと思い期待していましたが、上げてみるとイサキでちょっと複雑な気分でした。

今回はいつもの竿と違い、予備で九州においていたダイワのスーパーメタルトップ搭載の紅牙の竿を使用しました。この竿は実際に使ってみると非常に使い勝手が良く、バーティカルのスピニングタイラバにおいても非常に使えると直感的に感じました(今回はドテラばかりでしたが)。

竿の負荷もバーティカルでは120gまでぐらいが最適で、今の炎月の投げ式の後継として使えると感じましたが、北海道の冬の寒さではスーパーメタルトップは使えないので9月頃までの限定的なものです。

何度も検証していますが、ジグでもタイラバでも浮力を持たせて、フォールをじっくりと魚に見せることによりヒットに持ち込むのがレバーブレーキでの釣法の真髄です。

なお、これを実現するには、何度も紹介していますが、ハンドルの形状等が非常に重要となります。

今回の釣行でも、今後のレバーブレーキを使用した青物へのジギングなどに流用するための改善策としても使えるデータが数多く取れたので、またいろいろと試してみたいと思います。

《関連記事》

【レバーブレーキ付きスピニングリール】でのバーティカル タイラバについて

《釣行メモ》

釣行日 2018年6月18日
潮汐 中潮
 満潮  12時59分
 干潮  06時23分
(博多)

《使用タックル》

竿 紅牙 EX AGS TYPE-C 69MHSーSMTT ダイワ
リール 17モアザン2510LBD(リブレのハンドル仕様) ダイワ
ライン PE 1号
リーダー フロロ 3号
ルアー セブンスライド 40〜100g セブン
ワーム セブントレーラー ガルプ
ハリ マイスターフック ハヤブサ

《利用遊漁船》

ガイドサービス セブン

The following two tabs change content below.
めじろん号
めじろん号
釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。提供していただいたガイドサービスセブンの製品を北海道を主として故郷の九州や全国各地で試させてもらっています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする