スポンサーリンク

伊万里湾内外でエサ&ルアーのリレー船満喫!/伊万里沖(佐賀県伊万里市)

バシケン

筑前五目師釣遊隊、タコ野郎Kチーム所属。福岡市を中心に餌釣り、疑似餌釣り問わず九州全域、そしてオーストラリアまで釣り歩くキャッチ&イート派のマルチアングラーのバシケンでございます。デュエルフィールドスタッフ、シダーフィールドアドバイザー。

バシケンをフォローする

吹き流し釣りでイサキ&SLJで根魚

5月31日(日)に実弟大輔(ダイダイ)と実父テリーと、弟の奥さんのお父さんを父親孝行で釣行。今回は梅雨イサキ狙いの吹き流し釣りに挑戦しました。

さっそくタックルを組み上げていざ実釣!

伊万里市の波多津漁港から出る遊漁船の「とびうおⅣ」さんで、港から1時間15分ぐらいで二神島へ。この周辺で竿出しです。

伊万里沖 二神島
今回の釣行のメインポイントの二神島

今回は私の以前の【WEB版釣りぽ】の記事を見て「とびうおⅣ」さんに乗って、たまたまそのときに乗っていた実弟の大輔を私と間違って話しかけてこられたという経緯から、Facebookでお友だちになった柚木さんも一緒に乗船しました。

 

実は私、吹き流し釣りは初めてで、周りを見ながら見よう見まねで釣るも、潮が悪くサシエがそのまんま残って来る状況。

そんななかで柚木さんがジグで遊んでいるとアカハタが釣れたので、「ならば私も!」とデュエル『ソルティーベイト』で釣るとさっそく、アタリ! 

アワセを入れるとギューン! とファーストランで一気に走って、竿でタメるも強烈な引きで根に潜られプッツン! と痛恨のバラシ&ルアーロストでした!(汗)

 

一方で柚木さんは好調にアコウも交えながら、良型の根魚を釣っていかれます♩

私も負けじと釣り方に工夫をして釣ると、やっとこさヒットパターンが分かりなかなかよいサイズのアコウをキャッチ! 

その横で、軟らかいSLJのロッドを絞り込む柚木さん! 慎重なやり取りの後に浮かして来てキャッチしたのは、4.5kgの立派なカンダイでした!(驚愕)

 

それから実父テリーはウキ流し釣りでマダイ、イサキをキャッチし、実弟ダイダイも『ソルティーベイト』にシフトし、柚木さん、私、ダイダイでアコウ、アカハタが爆釣。お土産を釣りました。

柚木さん SLJ アコウ
同行者の柚木さんがSLJでアコウを釣り上げる
私も負けじとインチクゲームでアコウをゲッチュ!
ソルティベイト アコウ
実弟ダイダイも『ソルティーベイト』でアコウをゲッチュ!
アコウとカンダイ ヒット
筆者はアコウ、柚木さんに4.5kgのカンダイのツーショット!

 

ベイトタックルとアコウ
スピニングタックルとアコウ
このサイズのアコウが爆釣! スピニングタックルで横の釣り。ベイトタックルで縦の釣りと使い分けます

 

ツララ グリッサンド66 GS
愛竿のツララ『グリッサンド66』GSで釣り上げた、愛らしい顔のアカハタ♫
釣れてない吹き流し組のお土産分まで確保して、後半戦へ

 

今回、私が使用して爆釣できたのは3つのルアー。

朝の間はデュエル『ソルティーベイト』のゼブラグローシルバーとシマノ『オシアスティンガーバタフライ フラットライト』キョウリン ゼブラ003がよく、昼からは『ソルティーベイト』のゼブラゴールドオレンジによい反応がありました。

今回はベイトが小さかったからか? シルエットの大きいヨーヅリ『ブランカ』に反応がなかったので、ジグはシルエットが小さめのシマノ『オシアスティンガーバタフライ フラットライト』キョウリンをキャスティングで使いましたが、まさにエサのごとく怒涛の根魚ラッシュ!

バーチカルはデュエル『ソルティーベイト』でと釣り分けてロックフィッシュゲームを楽しみました♪

筆者がSLJで使ったメタルジグのシマノ『オシアスティンガーバタフライ フラットライト』キョウリンゼブラグロー(写真上)と、インチクゲームで使ったデュエル『ソルティーベイト』オレンジゼブラ

 

一方、イサキ狙いの吹き流し釣りは、テリーが浮き流しをして塩焼きサイズのマダイ、まあまあサイズのイサキを数匹釣ります。

私はウマヅラハギのみ、ダイダイもあまり振るわずイサキが数匹、ダイダイの義父とそのお友だち、そして柚木さんもなかなか厳しい状況で不完全燃焼。

船長の判断で伊万里湾内でメクリアジ狙いのサビキ釣りにシフトしました。

吹き流し イサキ
今回のメインターゲットのイサキとテリー
伊万里沖 吹き流し イサキ
今回のメインターゲットのイサキとダイダイ
ウマヅラハギを釣ったバシケン
吹き流し釣りではウマヅラハギしか釣れなかった筆者

 

伊万里沖 アカハタ SLJ オフショア
載せ忘れの私のこの日1番のお気に入りのアカハタとのショット!
タイトルとURLをコピーしました