2018年 MFG九州枠代表決定戦 チヌ セミファイナル

シェアする

スポンサーリンク

●主 催/マルキユー
●会 場/大分県鶴見湾一帯
●開催日/2018年5月13日

2018年5月13日(日)、『MFG九州枠代表決定戦チヌセミファイナル』を大分県・鶴見湾内一帯において参加者27名で行いました。

今回の参加者は平成30年4月29日に大分県一帯で開催された『第10回MFG九州チヌ釣り選手権大会』の上位27名の選手です。

この27名で3名1組のトーナメントによって争われ、1位の方が2019年5月18日・19日の両日、大分県鶴見にて開催予定の「第6回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会」の決勝大会に出場、2位~5位の4名が2018年9月9日に長崎県北九十九島で行われる「第6回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会」九州地区セミファイナルへ出場できるというもの。

競技規定は全てのブロックでチヌ25cm以上の総重量で競います。

当日は朝から雨が降る生憎の天気でしたが、午後からの決定戦の時には雨も止み白熱した競技となりました。

1回戦は3名ずつ9組で対戦し、7組はチヌの釣果があり勝敗が決定、2組は抽選で勝敗を決定しました。

2回戦へ駒を進めた9名は3名ずつ3組に分かれて対戦。2組は釣果があり勝敗が決定、1組は抽選で勝敗を決定しました。

2回戦を1位で勝ち上がった2名は「白崎2番」、2回戦で2位の3名の選手は「白崎4番」で順位決定戦を行いました。

潮の流れが早く大変釣りにくい状況でしたが2尾で1,845gのチヌを釣り上げた矢北智洋選手が優勝、2位は藤川修一選手、3位は吉元広大選手、4位は平野芳幸選手、5位は市丸大輔選手となりました。

今回の大会は地合いを逃さないようにチヌを釣り上げた方が勝ち進んでおり、また残り時間僅かでの釣果などドラマの多い大会でした。

◎《大会結果》◎

1位の矢北選手

1位 矢北 智洋 2尾1,845g
2位 藤川 修一 1尾1,310g
3位 吉元 広大 0尾
※匹数・重量は決勝戦結果

4位 平野 芳幸 3尾5,230g
5位 市丸 大輔 2尾2,280g
6位 山田 尚弥 1尾2,220g
※匹数・重量は順位決定戦結果
(敬称略)

《1位の矢北選手のコメント》

配合エサはコーンやムギ、タブレットが沢山入っているものを選択。付けエサはエサ取り対策として練りエサ中心に使用。1ラウンドと2ラウンドで各1尾ずつ釣れた。釣れたポイントは瀬ギワから20m~30mラインでタナは(竿)1本~1本半で練りエサでの釣果。

《矢北選手の仕掛け》

竿:0.6号-5.3m
リール:2500番
道糸:1.5号
ウキ:00号
オモリ:G4
ハリス:1.5号
針:チヌ2号

《矢北選手のエサ》

配合エサ

『チヌパワー激重』『チヌパワームギスペシャル』『爆寄せチヌ』『チヌパワーV10白チヌ』『湾チヌスペシャル』

付けエサ

『食い渋りイエロー』『高集魚レッド』『スーパーハードチヌ』『特鮮むきエビ』

○報告/福本 勉(東九州地区事務局)

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする