第10回 MFG九州チヌ釣り選手権大会

シェアする

スポンサーリンク

MFG九州チヌ釣り選手権

●主 催/MFG九州
●会 場/大分県一帯
●開催日/2018年4月29日

2018年4月29日(日)に、MFG(マルキユーファングループ)九州の『第10回 MFG九州チヌ釣り選手権大会』が大分県・県内一帯において開催されました。

本日の大会はMFG九州の会員109名、オブザーバー26名の合計135名が参加しました。今回の大会は、オブザーバーの方の参加も多く過去最高の人数での大会となった。

早朝は冷え込みましたが、天候にも恵まれ最高の釣り日和。事前情報では乗っ込みに入っているチヌも多く、番匠川河川敷駐車場に設けられた受付会場でAM2時からの受付を終えた参加者は期待を込め釣り場へ向いました。

今大会は、大分県内一帯の釣場(自由に選択)で釣れた25cm以上のチヌ1尾重量で順位が決まります。また他魚賞も設けられました。

14時を回ったところで検量が始まり、大会本部に参加者の方々が続々と検量所にチヌが持ち込まれました。

かなり多くのチヌの検量者があり、50cmオーバーのチヌが次々と持ち込まれました。参加者の釣り上げた総匹数はおそらく100尾以上で「さすがはMFG九州の会員さん」といった感じでした。

集計時間中にマルキユースタッフの猪熊さん、竹内さん、副さんの3名による釣り教室と、マルキユーさんの今年発売する新製品紹介なども行われました。

いよいよ結果発表! 上位14名は2kg越えの釣果で、本当に楽しい大会になったと思います。成績発表後、お楽しみ抽選会があり今大会は大いに盛り上がり幕を閉じました。

今大会のチヌの部で上位27名の方は、2018年5月13日(日)に大分県鶴見で開催予定の最終決定戦(トーナメント方式)への出場権を与えられます。

この最終決定戦(トーナメント方式)で優勝された選手が『第6回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権決勝大会』へ出場でき、2~4位に入賞された選手がマルキユーチヌ セミファイナル(九州地区)へ出場できます。

◎《大会結果》◎

○チヌの部
優勝 城本 透 2,925g
2位 杉原正剛 2,715g
3位 髙橋圭介 2,690g
4位 須川潤也 2,600g
5位 吉元広大 2,550g

○他魚の部
優勝 万里達也 3,120g(マダイ)
2位 萩原文雄 1,485g(グレ)
3位 十時詞之夫 1,415g(グレ)
(敬称略)

優勝者のコメント・エサ・仕掛け

配合エサは遠投した際にマキエの着点が見やすい『チヌパワーV10白チヌ』と、大分エリアのチヌは浮きやすいのでやや軽い『チヌパワー遠投G』、また普段から愛用している『湾チヌスペシャル』の3アイテムを選択。付けエサはしっかりと針付けして遠投したかったので『くわせオキアミ スーパーハード(L)』を使用。またエサ取り対策の為、各種練りえさを持参。

朝の時間帯はチヌが浮いていたので浅く釣り、その後、エサ取りが多くなったので付けエサを練りエサ中心に変更。『食い渋りイエロー』の単品だとエサ取りをかわせなかったので『食い渋りイエロー』に『高集魚レッド』をマーブルさせてやや固めに仕上げ、底を這わせていると、この日1番のチヌがヒットしてきました。この日は計4枚のチヌを釣ることができました。

配合エサ

『湾チヌスペシャル』+『チヌパワーV10白チヌ』+『チヌパワー遠投G』

  

付けエサ

『くわせオキアミ スーパーハード(L)』、『食い渋りイエロー』、『高集魚レッド』

  

優勝者の仕掛け

竿:L号-5.3m
リール:2500番
道糸:1.5号
ウキ:沈め
オモリ:G4とG5を交互に使い分け
ハリス:1.5号
針:チヌ2号

○報告/松崎 邦彦(西九州地区事務局)

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする