メバルを狙って四浦半島をラン&ガン!/大分県津久見市

シェアする

林健太郎 メバル

この日の最長。自身未開の地の1匹は楽しい!

ここ最近、九州弾丸遠征にハマっています。広島からだと時間もかかるのですが、やはり違う海域は新鮮です。長崎県北と大分県に行くことが多いのですが、今回は大分県津久見市の四浦半島へ初めて出かけたときの模様をご紹介します。

スケジュールは、お店(SUMMIT/広島市)の営業を終えた足で大分へと入り、深夜と朝マズメを釣って仮眠して帰るというものです。釣りするよりも移動のほうが絶対的に時間が長いパターンです。我ながらよくやるものだと思います(苦笑)。

そんな短い時間でも知らないフィールドというのは、非常に心躍ります。この日も深夜帯に訪れた港で釣り開始。水面にメバルの気配を感じたのでジグヘッドリグで挑んでみることに。

潮はけっこう流れていたので『アジデント』1.8gに『ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチ』(新しいガルプです!)のコンビ。

新しくなったガルプを使用

潮上へ投げ、あまり沈ませないように、ラインスラックをとるくらいの感覚で表層よりちょっと下のレンジを流しますが、アタリなし。

「もっと軽くないとダメか?」

ワームはそのまま。釣り方もそのままジグヘッドのウエイトを1.5gに。これもダメ。刻んで1g、0.8gにしますがこれもダメ。そして0.6gになったときにアタリ! まずまずのサイズが食ってくれました。

そこから0.6gでほぼ1投1匹ペース。サイズは瀬戸内とさほどかわりませんが、知らない場所でこの状況はちょっとうれしいですね。

ちなみにワームのカラーはピンクがよかったです。形状そのままでカラーを変えるとアタリは減りました。常夜灯はあり、明かりはけっこう強いほうでした。このあたりは通ってみないと再現性はなんともいえないところです。

こうして短時間の釣りを終え、朝マズメは撃沈をくらって帰広。疲れはしますが、なんともいえない充実感です。今度は長崎弾丸遠征でしょうかね……。

開始早々のバッカンの中

メバル ベイト

メバルのベイトはアミのようでした




《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年3月14日
潮汐  中潮
 満潮  06時12分
 干潮  23時14分(13日)
(鶴見)

《使用タックル》

竿 エラディケーター リアルフィネス ERFS-510ULS-EXF-TZ Dominant Ⅱ アブガルシア
リール レボ エムジーエクストリーム スピニング 1000S アブガルシア
道糸 バニッシュ・レボリューション・ライトゲーム 1.5lb バークレイ
ジグヘッド アジデント 0.6〜1.8g バークレイ
ワーム ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチ バークレイ

使用したタックル

The following two tabs change content below.
林 健太郎
林 健太郎
(はやし けんたろう)。広島市の釣具店「SUMMIT」代表。ショアのSWゲーム全般に精通し、釣具開発にも携わるエキスパートアングラー
編集部のオススメ

シェアする

フォローする