フカセ釣りで良型グレ/鶴見半島鶴御崎 大末(大分県佐伯市)

シェアする

スポンサーリンク

2月は週末ごとに天候は荒れて沖磯へ行けませんでしたが、小春日和を思わせる様な快晴・無風・ベタ凪になった2月24日に大分県鶴見にある瀬渡し船「速見丸」さんへお邪魔しました。

みなさん、この日を待ちかねていたようで、港はかなりのお客さんで賑わっていました。

一路、船は鶴見大島へ向かいますが、私は大分へ転勤してきて1年ほどなので、昼間なら分かる磯も朝の暗いうちは船がどこへ瀬着けしているか分かりませんでした。ただ、年末年始の様に、どこの磯もヘッドライトが灯っているようなことは無く、空き磯がありそうです。

10名くらいの方を鶴見大島へ降ろした後、船は鶴見崎へと向かいました。鶴見大島の磯は早い者勝ちなのですが、この鶴見崎周りの磯は日替わりで渡船ごとに磯割りされています。その中で私は一番に名前を呼ばれ、瀬着けされたのは「大末」。どちらかというとあまり人気のない磯でした。しかし、黒潮が当たっていれば少しは釣れるだろうと思い準備を開始します。

竿はがま磯『ファルシオン125-50』、マキエはマルキユー『グレパワーV9(徳用)』『グレパワーV11』を2袋とオキアミ9Kg。どの程度のタナで当たってくるか分からないため、5mからの沈め釣りで狙おうと、道糸にはラインの走りでアタリを取れるサンライン『グレ道1.5号』、ウキは釣研『プログレスチヌ・ハイグレードS-2』でスタートしました。

まだ夜が明けきらないうちにマキエを足元へ撒き、ウキもラインも見えない状態で磯際を探っていきました。

第一投目は予定通り異常なし。そして第二投目、竿先がコツッとなったので、半信半疑にアワセを入れると今度は異常あり。心地よい引きが『ファルシオン』を締め込みます。しばらくして浮いてきたのは幸先良い45cmの口太グレでした。

夜が明けてからは、足元にできた湧昇流を攻めると仕掛けは磯際を流れて行きます。仕掛け投入点から10mほど流れたところで、今度は竿引きのアタリ! アワセを入れますが、掛けた時点で既に瀬にラインが当たっています。先ほどよりも強烈な締め込みでしたが、オーバーハングに逃げ込んだ魚が勝り、ハリスが切れてしまいました。おそらくカンダイだと思います。

今度は少し早めに沈めるようにジンタンを追加して沖にある潮目に仕掛けを投入すると、またまた竿引きのアタリ。足元で浮かせた姿は青いシャドウの綺麗なマダイでした。そういえば、この「大末」はマダイ狙いで上がる人が多い様で「なるほど!」と思った一枚でした。

その後、潮の流れは良いものの、潮が高くなるとエサ取りの活性のみ上がります。ブダイ、カンダイ、イスズミ。そして食べて美味しい本カワハギ。この本カワハギで活かしバッカンの中が賑やかになりますが本命はまだ一枚のみです。

「これで、もう終わりか」と思った納竿10分前。ラインが指からはじけ飛び元気なグレが当たります。40cm級のグレを釣り上げ、まだまだ釣れそうな気配はありましたが納竿としました。

鶴見の釣果

釣果の一部

鶴御崎大末

海上から見る「大末」




《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年2月24日
潮汐 小潮
 満潮  12時28分
 干潮  06時34分
(鶴見大島港)

《使用タックル》

竿 がま磯ファルシオン1.25号5.0m がまかつ
リール BB-Xテクニウム2500DXGS LEFT シマノ
ウキ プログレスチヌ・ハイグレード S1~S2を使い分け 釣研
道糸 磯スペシャルグレ道 1.5号 サンライン
ウキ 松田スペシャル競技パワーストリーム 1.25号、1.5号 サンライン
ハリ 競技口太 3号~6号 がまかつ
がま磯 ファルシオン

竿はがま磯『ファルシオン125号5.0m』を使用

プログレスチヌ・ハイグレード

状況に応じてグレにも対応できる釣研『プログレスチヌ・ハイグレード』S1とS2。体積が大きいため潮の流れが弱い時に使用

ハリスはサンライン『松田スペシャル競技パワーストリーム』1.25号、1.5号を使用

がまかつ 競技口太

がまかつ『競技口太3号~6号』を使用

《エサ》

サシエ くわせオキアミV9 M、くわせオキアミスペシャルM マルキユー
マキエ グレパワーV9(徳用)、グレパワーV11×各2袋+オキアミ9Kg マルキユー 

サシエはマルキユー『くわせオキアミV9 M』と同社『くわせオキアミスペシャルM』

配合エサはマルキユー『グレパワーV9(徳用)』と同社『グレパワーV11』2袋を使用

《利用渡船》

速見丸
The following two tabs change content below.
泉田 勝
泉田 勝
岡山から大分へ転勤中。GFG中国地区本部事務局長、花遊会、がまかつフィールドテスター、釣研フィールドテスター、マルキユーフィールドテスター、サンラインフィールドスタッフ。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする