第5回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会 九州地区代表決定戦

シェアする

スポンサーリンク
第5回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会 九州地区代表決定戦

決勝戦へ勝ち進んだ4選手

●主催/マルキユー

2017年9月10日、大分県佐伯市鶴見の磯で『第5回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会 九州地区代表決定戦』が開催されました。

北部九州では久しぶりとなる快晴のもと各予選を勝ち抜いた32名が鶴見へ集結(長崎県北九十九島大会枠12名、長崎県福島A大会枠3名、福島B大会枠3名、山口県光市大会枠9名、MFG九州枠4名、マルキユー推薦枠1名)。

2名1組で、25㎝以上のチヌ5匹までの総重量で勝敗を決するトーナメント方式で2018年5月19日、20日に広島県宮島、阿多田島で開催予定の決勝戦に出場できる4名枠を争いました。

午前4時に組み合わせ抽選を終えた選手たちは2便に分かれて出船。事前情報ではかなり厳し釣果でしたが、1回~3回戦まで全般的にはまずまずの釣果。

最終的に見事に勝ち上がった4選手が決勝戦への切符を手にされました。

第5回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会 九州地区代表決定戦

3回戦最大釣果の柴田選手

◎《決勝戦進出》◎

波多江義孝
垣内道博
梅村 誠
柴田孝徳

(敬称略)



The following two tabs change content below.
吉田 昌弘
(よしだ まさひろ)。マルキユースタッフ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする