スポンサーリンク

良型のカンパチをはじめ五目釣りを達成! 蒲江沖の落とし込み釣り/深島等周辺(大分県佐伯市蒲江町)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

8月20日に大分県蒲江沖をメインに出港する「emperor」さんに落とし込み釣りでお世話になりました。

この日は船長と二人だけの釣行で、深島周辺で釣りをしました。

 

今回も前回と同様に潮が悪く、エサが付いても時折しか魚がヒットしないような状況でした。

 

そんな中、まず船長に真鯛がヒットし、続いてハマチがヒットしました。

その後、私に3キロ程のオオニベがヒットし、その後はまた渋い状態が続きました。

落とし込み オオニベ
ヒットしたオオニベ

 

潮が全く動いていないため、エサが付いて底に仕掛けを置くようなドテラ状態になり、そのように釣っていると船長に小型のマハタがヒットしました。

船長からドテラ状態の落とし込み釣りのやり方を聞いてやってみるとすぐに3.5キロの真鯛がヒットしました.

蒲江沖 落とし込み 真鯛

その後、また潮の流れが悪くなり、朝一の場所に移動するといくらか潮が良くなっていたので、そこでドテラで落とし込み釣りをします。

150m程糸を出した状態で、聞きアワセをしてみると、突然、竿先をひったくられます。アワセを入れてファイトを始めると、先ほどの真鯛に比べると引きは弱いものの真鯛とわかる引きでした。上げてみると2.5キロの食べごろ真鯛。

この真鯛は針を丸飲みしていました。

通常の落とし込み釣りでは、針が唇周りにかかりますが、このドテラの釣り方では結構な確率で丸飲みされてしまいます。

 

この真鯛を釣ってまたエサの付きも微妙に悪くなったので、違うポイントへ移動しました。

次のポイントではエサが付くものの小鯵が多く、仕方ないので小鯵を付けて待っているといきなり竿先をひったくられました。

最初はハマチのような引きをしていたので、ハマチと思いながら上げてくると水面付近で茶色い魚体で頭に八という文字が! この地域の落とし込み釣りではなかなか釣れないカンパチでした。

しかも、養殖物で生け簀から脱走してきた非常に丸々として美味しいそうなカンパチでした。

大分 落とし込み カンパチ
丸々したカンパチ

 

このカンパチが釣れたので状況が好転するかと思っているといきなり浮き上がるようなアタリがあり、意外と軽かったのでヤガラかなと思ってやり取り。上がってきたのは、やはり1.5m程のアカヤガラでした。このサイズも、この地域では珍しい物でした。

アカヤガラ
釣れたアカヤガラ

 

この魚を最後に状況が良くなりそうになかったので、早上がりしました。

 

結果的には渋かったものの、高級魚のカンパチ(脱走)の他に真鯛やオオニベ、アジ等も釣れ、十分な釣果でした。

 

落とし込みで釣った真鯛

さらに、emperorの船長が考案したドテラの落とし込み釣りの要領について教えてもらい、実際に釣果に結びついたのでとても勉強になりました。

8月はまだまだ渋い状況が多いですが、徐々に釣果も良くなってきているので、次回釣行予定の9月の落とし込み釣りがとても楽しみです。

《釣行メモ》

釣行日 2020年8月20日
潮汐 大潮
 満潮  07時19分
 干潮  13時54分
(佐伯)

《使用タックル》

竿 マッドバイパー落とし込み245MH ダイワ
リール 19シーボーグ500MJ ダイワ
道糸 PE4号  
ハリス リーダー:ナイロン18号、ハリス:フロロ12号  
仕掛け 喰わせサビキ 落とし込みスペシャル ハヤブサ
ハリ 強靭イサキ10号 ハヤブサ
タイトルとURLをコピーしました