大分沖で五目イサキ釣りで良型キャッチ/豊後水道(大分市)

シェアする

スポンサーリンク

大分 イサキ

8月10日(金)、大潮1日目。杵築市 納屋港より遊漁船「soyamaru(そうや丸)」にて大分沖へ五目イサキ釣りへ出かけました。

快晴のなか沖は涼しげな風も吹き、なかなか心地好い釣行でした。

最初のポイントは型狙い。大分名物ジャンボイサキです。ここはいつもキロアップ続出で50cmオーバーもまれではありません。

当日は50cmアップは獲れなかったものの40cmオーバー中心で最大44cmでした。

次のポイントは少し型はおちるものの喰いが良くて数釣りができます。型もそこそこ良くて30cmオーバー主体です。

終わってみると18本とまずまずの釣果でした。

大型イサキを喰わせるには、コマセの振るタイミングと付け餌の誘いが重要です。

船長の指示でカゴからコマセ(餌)をだして付け餌を同調させ、時より誘いをかけると大型のヒット率があがるような気がしました。

また、カゴにはあまり餌を詰めすぎないようにして、カゴを振らなくても潮の流れでコマセがパラパラと出るような感じにするのがイサキが寄りやすいかとおもいます。

イサキ以外にもレギュラーゲストの大鯛やウマヅラハギに加えて、当日は大サバも入り船上は賑やかでありました。

イサキの他にウマヅラハギやサバなどもヒット



スポンサーリンク

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年8月10日
潮汐 大潮
 満潮  06時44分
 干潮  13時23分
(大分)

《使用タックル》

竿 Aブリッツネライ MH240 ダイワ
リール レオブリッツ400 ダイワ
道糸 PE3号
仕掛け 吹き流し5号、6号、3本針

《利用遊漁船》

soyamaru(そうや丸)
The following two tabs change content below.
佐賀関太郎
佐賀関太郎
堤防、磯から始まり今はもっぱら船釣り一筋。釣った魚は大事に頂くをモットーに自然に感謝、楽しく安全にやります。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする