沖縄の船から泳がせ釣りでアカジン/沖縄北部(沖縄県国頭村)

シェアする

沖縄北部で船からの泳がせ釣りに初挑戦した

岡田建治 沖縄でアカジンを狙う

8月26日、沖縄に釣りに行ってきました。船からの泳がせ釣りでアカジン(スジハタ)やヤイトハタを狙いで、これは僕も初めての釣りでした。

今回は、沖縄の友達の大城くん、一也、そして九州から松永くん、畑井くん、沖縄の大城くんの友達など6人での釣行。船と民宿をとってもらい、8月25日は民宿で豪華な海鮮料理を食べながら前夜祭をしました。釣り談義で盛り上がりました!

翌日は朝7時に朝食を食べて北部の港を8時に出発。ポイントまではほんの5分ほど! まずはエサとなるグルクン釣りです。エサが釣れないと泳がせ釣りができないところですが、そこはさすが沖縄! 5分もしないうちにグルクンが入れ食い状態に!

グルクンを釣りながらリーフの方に目を向けるとヤイトガツオのナブラが発生! さらにそれを追ってGT(ロウニンアジ)がジャンプ‼︎ 港を出て5分ほどの所でこれです。沖縄は本当に凄いところです!

釣ったグルクンがエサ

いよいよ、釣ったグルクンを泳がせてアカジン&ヤイトハタ釣りスタート。どんな釣りになるかとワクワクしながらみんなで仕掛けを投入。

初めにアタッたのは一也。置き竿にしていたら竿先が海中に「ドン!」。ただ、一撃でエサだけ持っていかれ残念ながらフッキングせずでした。

続いて、畑井くんの竿にアタリ! これも凄いアタリで今度はやり取り開始、すんなり浮いてきたのは本命アカジンの2キロクラスでした!

僕はアタリの感覚がイマイチつかめず、何気なくクーラーに入っているコーラーを取って飲もうとした時に竿に違和感を感じました。竿先を押さえた感じがしたと思った瞬間、「ドン!」とアタリが来たのですが残念ながら乗らず・・・。
その後、数ヶ所ポイントを変わったところで海底付近にステイさせていたグルクンの動きに変化が。「急に暴れ出したなぁ〜」って思った次の瞬間、ソルティガの穂先が水中に引き込まれる強烈なアタリ!

アワセを入れてフッキング成功! とにかく根から離さないとハリスを切られると思い、力と力との真っ向勝負でやり取り。やがて浮いてきたのは綺麗なアカジン! しかも4キロオーバーで80cmを超えてそうなサイズ!

アカジンは今回釣りたかった魚なんでメッチャ嬉しい1匹でした。

岡田建治 アカジン 2匹目

その後、2キロ位のをもう一匹追加して夕方4時終了に納竿となりました。

この日、大城君に推定30kgはありそうな大物がヒットしました。やり取りするもドラグを出され、60号のハリスをぶち切られました。あのファイトを目の当たりにして、「次回はあのヤイトハタの30kg以上に挑戦してみたい」と思いました。

沖縄での船からの泳がせ釣りは初めての釣りでしたが、自分の人生の良い思い出となりました。良き仲間や友達とワイワイお酒を飲みながら美味しい料理を食べる時間は、ほんと仕事を忘れて楽しかったです。

今回の釣行費用ですが1人が船はチャーターで1万円、民宿、朝夕豪華食事付き泊まりで6千円でした! ヤンバルクイナの鳴き声が聞こえる北部のエリアで本当最高にゆっくりのんびり釣りが出来ました。

沖縄でお世話になったみなさん本当にありがとうございました。



《釣行メモ》

釣行日 2017年8月26日
潮汐 中潮
 満潮  09時51分
 干潮  15時56分
(那覇)

《エサ》

サシエ グルクン

グルクン 泳がせ釣り アカジン

《利用渡船》

海姫 (シープリンセス)

The following two tabs change content below.
岡田 建治
岡田 建治
(おかだ けんじ)。高知県在住。グレやチヌのフカセ釣りを得意とするが、船釣りやアユ釣り、国内外でのルアーと幅広い釣りをこなすマルチアングラー。ダイワフィールドテスター。

シェアする

フォローする