櫃石島 やぐら岩(香川県坂出市/岡山県下津井沖)

シェアする

About Author
釣りぽチヌ持つ

50cmを釣った筆者

年無しチヌがヒット

乗っ込みチヌの最盛期である4月30日(日)、「GFG岡山支部主催チヌ釣り懇親大会」が岡山県下津井沖一帯で開催され私も参加しました。ここ下津井では前の週に「第35回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」が開催され、ニューヒーローの誕生で大いに盛り上がりをみせています。

大会当日は少し早目の出船だったため、周囲はまだ暗いうちに磯にあがり夜が明けるのを待っていました。あがった場所は櫃石島の「やぐら岩」。

ここは櫃石島の北面にあるハナレ岩で、とても潮が早い釣り場です。 瀬戸大橋を横に見る風光明媚な場所なので釣りをしていて気持ちのいい場所です。

海上から見る「やぐら岩」

用意したマキエはマルキユー『チヌパワームギスペシャル』、『爆寄せチヌ』、『チヌパワー遠投G』とオキアミ9Kgです。

仕掛けはしっかりと潮に馴染む様にウキは釣研『征黒』の5Bを選びました。

釣りを開始すると、足元から走る潮に合わせてスプールから勢いよく道糸が弾き出ていきますが、下げ潮が残っている間は魚の活性は低くエサが残る状況が続きます。

午前7時頃、転流を迎え潮が緩みかけた瞬間、ウキが勢いよく消えました。ゴンッゴンッと竿をたたく感触でチヌには間違いないのですが型は大きくありませんでした。 その後、しばらくの沈黙のあとに釣れたチヌも同サイズでした。

やがて潮が高くなり沖の潮が走り出したので、ダイレクトに仕掛けを投げ入れて少し流すとラインが弾き出ていきました。潮に乗った魚はかなり抵抗を見せますが、何とか取り込むと40cmの真鯛でした。

今日はチヌの大会なので、仕切りなおしてウキを釣研『征黒』5Bから3Bへと変更。チヌのいそうな手前のカケアガリを丹念に攻めると、ウキが海面下に入りじっとしたまま動きません。 ラインを手に取り少し誘いをかけると、いきなりズシッとした感触。間違いなく大型のチヌです!

『がま磯 黒冴』06-53(がまかつ)が、しっかりとその重みを受け止め、潮に乗る魚をあしらいながら寄せてきます。重戦車のような引きを見せた魚も観念し、上がってきたのは50cmのチヌでした。

さて、表彰式。50cmのチヌは釣れたものの、他のチヌが小さかったため入賞ならずで大会を終えました。

がまかつ『黒冴』と『ファインチヌ』

朝日を背にする瀬戸大橋

《マップ》

《釣行メモ》

釣行日 2017年4月30日
潮汐 中潮
 満潮 13時31分
 干潮 08時10分
(水島港)

《使用タックル》

竿 がま磯 黒冴0.6号5.3m  がまかつ
道糸 磯スペシャル フカセチヌ競技1.75号  サンライン
ハリス トルネード松田スペシャル競技パワーストリーム 1.5号  サンライン
ウキ 征黒 5Bと3Bを状況により使い分け  釣研
ハリ ファインチヌ3号  がまかつ

釣研『征黒』3B

サンライン『磯スペシャル フカセチヌ競技』1.75号

《エサ》

サシエ くわせオキアミスペシャルL  マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル 爆寄せチヌ チヌパワー遠投G  マルキユー

マルキユーの配合エサ(マキエ)とサシエ

《利用渡船》

きりしま渡船

シェアする

フォローする