フカセ釣りで良型チヌをキャッチ/本島 大浦岩場(香川県・岡山県下津井出船)

シェアする

40を手持ち

40cmのチヌを手持ちする筆者

フカセ釣りで地元・岡山県倉敷市下津井沖の「大浦岩場」(香川県丸亀市本島北部の磯)へ矢吹渡船で釣行してきました。朝7時出港、15時帰港便です。

この日は大潮。朝の渡礁時は潮が低かったのですが、この渡船は釣座に着ける船首が「可動式のホースヘッド」になっていてありがたいです。

釣り座は北に突き出た岩の先、平らなところは畳半畳ほどで海面までは6m位あって見晴らしが良いですよ(笑)。荷物は背後に置けます

釣り座

釣り座の背面

まずは潮上へマキエを投入してポイントを作ります。マキエは、オキアミ生6Kgに集魚材3袋を入れたもので前日に混ぜ込んで準備しました。

潮の低い時にシモリ、カケアガリなど観察しておいてポイント作りの参考します。

ウキポーチから取り出したのはガルツ『銀舞』。

黒鯛モデルの中では小振りな部類ですが艶消し深塗りトップで見やすく、自重も12gあって使いやすく「ボリュームバランスウエイトシステム」で高感度。私の中で使用頻度の高いウキです。

今回はイエローカラーの3Bをセレクト。ハリス1.5号3ヒロを道糸1.75号にサルカンで接続。潮受けはガルツ『GPS』Mサイズの2B、ハリスにG4を打ち、針はがまかつ『チヌR』3号。

銀舞 ガルツ

使用した『銀舞』

ウキ止め糸、シモリ玉ありの半遊動仕掛けで6~8m前後のタナを狙いました。

竿は粘り強く胴調子で美しい弧を描くがまかつ『がま磯 チヌスペシャル黒冴 06-53』を使用しました。

釣り始めると足元にはフグが多く居ますが沖には出て行かず サシエがそのまま残ってきます。流れも緩やかでまだ魚が寄っていないのか?

その後、シモリ周辺で最初のアタリ! 上がってきたのは25cmのチヌ。その後も30cm未満と型が出ません

この釣り場は少し奥まった場所にあって本流の影響が少ない場所なのですが、潮流が速くなったときに、マキエが溜まりやすい潮の合流部の潜り潮、潮の壁で連続ヒット! 少しサイズアップしました。

釣り上げたチヌはマキエをしっかり捕食していて、胃袋にはオキアミの他に使っている『チヌパワームギスペシャル』の5種類の麦が多く入っていました。

しかし、この潮流も短時間でまた緩やかになってしまいました・・・。

この日は真鯛は混じりませんでしたがチヌは40cmを頭に数釣れたので、前週の下津井の大会でのボーズの癒しになりました~。

帰港後、写真を撮ったあと、必要以上の魚はリリースしました。

この日の最大魚

最後に、ガルツから浮力の細分化したウキ『煌技』、『闘牙』が発売になりました。

下膨れボディーの『煌技』はチヌ釣りにも向いています。次回使用した釣行レポートをご紹介出来たらと思います。

この日のアベレージサイズ




《釣行メモ》

釣行日 2018年12月22日
潮汐 大潮
 満潮  11時00分
 干潮  04時27分
(与島)

《使用タックル》

竿

がま磯チヌスペシャル黒冴 06-53

がまかつ
リール インパルト競技LBD ダイワ
道糸 磯スペシャル競技 マスラードⅡ 1.75号 サンライン
ハリス トルネード コング 1.5号 サンライン
ウキ 銀舞 3B、2B ガルツ
潮受けナビ GPS M 2B、GPC M ガルツ
シモリ玉 蛍光ウキシモリ ガルツ
ハリ 掛かりすぎチヌ、チヌR他 2〜3号 がまかつ

《エサ》

サシエ

『つけ込みにこれだ!!ソフト』で自作加工オキアミ、くわせオキアミスペシャルチヌ、喰い渋りイエロー

マルキユー
マキエ

チヌパワームギSP・爆寄せチヌ・瀬戸内チヌ+オキアミ6kg

マルキユー

《利用渡船》

矢吹渡船
The following two tabs change content below.
勇 洋司
勇 洋司
(いさむ ようじ)。磯釣り歴 20年。岡山県倉敷市下津井沖がホームグラウンド。フカセ釣りをメインに日本海での船釣りも楽しむ中年釣り師。GFG、MFG、Club G's 所属。ガルツテクニカルスタッフ
編集部のオススメ

シェアする

フォローする