壱岐沖でのタイラバ/壱岐沖(壱岐市)

シェアする

スポンサーリンク

福岡市姪浜漁港より出船の「昭隆丸」さんを利用して友人達とタイラバに行って来ました。

前日の影響で若干ウネリが残っているなか、午前7時ポイントの壱岐沖到着。

水深80mから流すという事なので、タイラバはラパラさんから新発売された『ドカン タイラバ スナッパーボール100g(以下スナッパーボール)』をセット。

このタイラバは今までにないヘッドの形状で、リトリーブ、フォール時には強いS字スラロームの動きで波動を生み出し、真鯛のバイトを誘発してくれるそうです。

着底後すぐにバイトがあり、しっかり食い込ませてアワセをいれるといい感じの重量感のある走り。ドラグ音が最高に気持ち良かったが痛恨のフックアウト。

すぐに投入するとまたもやアタリ。今度のは着底後すぐに引ったくるアタリでしたが、スナッパーボールが丸飲みされていてリーダーから切られました。

これらは心残りな2枚でしたが1日終わってみれば産卵後アフターの個体が多かったものの、楽しいタイラバ釣行でした!

使用したタイラバ『ドカン タイラバ スナッパーボール』と釣果

《釣行メモ》

釣行日 2018年5月14日
潮汐 大潮
 満潮  08時05分
 干潮  14時08分
(対馬)

《使用タックル》

竿  炎月SS B610MH-S  シマノ
リール  オシアコンクエスト200HG  シマノ
ライン  タナトル8 1号300m  シマノ
リーダー  ラピノヴァフロロ 12ポンド  ラパラ
ウキ  ドカン タイラバ スナッパーボール80g、100g/カラー オレンジバーサタイル、シルエットブラック  ラパラ

《利用遊漁船》

昭隆丸
The following two tabs change content below.
吉川 徹
吉川 徹
(よしかわ とおる)。福岡市在住。タイラバ&ひとつテンヤが好きなソルトアングラー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする