波止からのフカセ釣りでチヌをキャッチ/富津港(長崎県雲仙市)

シェアする

About Author

45cmのチヌを釣り上げた

2018年11月21日の水曜日、同クラブの堀内くんとチヌ釣りに出かけることにした。

夕方から雨の予報だったので、朝から昼過ぎまで釣る予定で出発。

釣り場には朝7時半頃到着。波止の角から竿を出すことにした。

仕掛けはウキ『プログレスチヌ』S-2を使った沈め釣りで、オキアミ3kg板2枚にマルキユーの配合エサ『ナンバー湾チヌII』『チヌの道』のマキエで釣り開始。

プログレスチヌ

使用したウキ『プログレスチヌ』

ナンバー湾チヌ チヌの道 マルキユー

使用した配合エサ

13時頃が干潮のため、下げ潮を釣ることになる。

左側に私、右側に堀内くんで並んで釣りはじめるもオキアミが残ってくる。

4時間ほど経過しても状況は変わらない。心が折れかけたが、13時を過ぎるタイミングで、それまで流れなかった潮がゆっくりと右側へ流れ出した。

すると小さいながらマダイがヒットした。

ここから期待しながら釣り続けていると、ラインがゆっくり張るアタリ。アワせるとズッシリ
した手応えで、グングン引く魚は本命のチヌ。

慎重にやりとりして無事玉網に納まったのは45cmの良型だった。

その後、また小型のマダイを追加。潮が右流れになり、明らかに午前中より状況がよくなっている。

それからしばらくアタリが遠のいたが、16時ごろにラインに小さい反応が出た。しかし、食い
込まない。仕掛けを回収すると、ハリスがキンクしていた。

釣れそうな雰囲気なので集中していると、勢いよくラインを引くアタリ。アワセも決まってゆっくり上がってきたのは40cmのチヌ。

これも無事取り込み、これにて納竿。

富津港 チヌ 釣り

40cmのチヌを追加

厳しかった午前中を考えると、2匹で満足だ。

同行した堀内くんはというと、珍しく釣果なし。カメラマンで活躍してくれた。

この日は上げ潮がよかったのか、夕マズメがよかったのか、午後にアタリが集中した日となった。

また、今回の波止の奥には公園があり、トイレもあるので、ファミリーフィッシングにも
よい釣り場だ。

富津港 チヌ

今回の釣座

45cmとのやり取り

40cmとのやり取り



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年11月21日
潮汐 大潮
 満潮  07時25分
 干潮  13時16分
(口之津・南島原市)

《使用タックル》

竿 極翔 硬調 黒鯛 06号 530 シマノ
リール BB-Xハイパーフォース 2500DXXG S LEFT シマノ
道糸 ネオフリクション磯 セミフロート 1.7号 釣研
ハリス ウルトラフレキシブル磯 1.5号 釣研
ウキ プログレスチヌ S-2 釣研
ハリ ヤイバX 極チヌ 2号 ささめ針

ハリは『ヤイバX 極チヌ』

《エサ》

マキエ ナンバー湾チヌⅡ、チヌの道+オキアミ6kg マルキユー

シェアする

フォローする