大村湾のルアー大会に参加! 大型ヒラメキャッチ!(大村湾/長崎県)

シェアする

スポンサーリンク

長崎県のド真ん中、周囲を陸地に囲まれた大村湾で開催されたオフショアのルアー大会に船長の私は仲間とともに参加。開催地は西九州マリーナアルパマ。

対象魚はシーバスと鯛(マダイ、チヌ)。特にプラクティスはやっていないけどかつての実績ポイントを巡ればなんとかなるだろうと軽い気持ちでエントリー。

大村湾内で最も潮通しがよく、塩分濃度が高い西海橋周辺が一番期待できるエリア。まずはこの辺でスタートフィッシングしてみよう。

実績ポイントの水深が30m程度なのでバーチカルにタイラバとジグを使ってマダイを狙ってみる。

通常なら40g~60gでも十分ボトムがとれる水深だが、ここは日本三大急潮に数えられる早潮。ウエイトが80gはなければボトムタッチを感じとることはできない。

秋口はカナトフグが大量に発生しているため、タイラバは次から次にラバーを食いちぎられていく。釣っても釣ってもフグばかり。またフグだけならまだしも時おりサワラがラインを切っていく。

そんな難儀な釣りを展開していると、同船者の林さんにドラグを出す魚がヒット! ネリゴ(カンパチの子)だ! また、同船者に竿を叩きながらドラグをだしていくマダイと思われる魚がヒットするが惜しくもフックアウト!

ジグにヒット!ロッドが大きく弧を描く(林さん)

ネリゴをキャッチ!(林さん)大村湾でも青物が回遊してきます!

その後もマダイを狙い続けても20cm台の小鯛しかヒットしない状況が続いたのでシーバス狙いにチェンジ。

シャロー域に船を進めてキャスティングで狙ってみると待望のスズキがヒット! 激しいエラ洗いであえなくバラシてしまう。

そんな窮地も再び林さんに根がかりかと思しき大物がヒット! なかなか魚が寄ってこない。鋭い突っ込みにも耐えて浮いてきたのは大型ヒラメ。大会の対象魚ではなかったがそのまま検量に持ち込んでみたら、大会中で最大の釣果だったため林さんは大物賞を受賞することができた。

検量65cm、2.8kgのヒラメ

表彰式で大物賞を受けた林さん

今年の大村湾の大会は終了。

次回は翌年となりますが、マイボートやレンタルボートで参加しなくとも、マリーナ側で準備した乗合い船やオカッパリでも気軽にエントリーできるので次回の参加を検討されてみてはいかがでしょう。





《釣行メモ》

釣行日 2018年10月14日
潮汐 大潮
 満潮 11時38分
 干潮 17時28分
(佐世保)

《使用タックル》

竿 グゼ オーシャン ジグドライブS62ML-RF がまかつ
リール ステラ4000XG シマノ
ライン スーパーエックスワイヤー8 35lb(2.0号) DUEL
リーダー ハードコア パワーリーダーFC 16lb DUEL
ウキ タイジグ80g タックルハウス

The following two tabs change content below.
久田 泰洋
久田 泰洋
(ひさた たいよう)。ソルトルアー歴は約20年 オフショアへ年間40回ほど出ています。よく行くフィールドは博多湾、伊万里湾から平戸島沖、大村湾、天草沖、沖縄。狙う魚種は季節ごとにターゲットを絞り込み、旬の魚を狙っています。タックルハウス フィールドテスター。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする