第5回宿毛「チヌ」パラダイスカップ決勝大会

シェアする

About Author
パラダイスカップ集合写真

50名のチヌ釣り名手が集結し、優勝めざして釣技を競った

●主催/一般社団法人宿毛市観光協会

7月2日(日)、高知県宿毛湾の磯を舞台に『第5回宿毛「チヌ」パラダイスカップ決勝大会』が開催された。

前日の7月1日(土)には宿毛市内のホテルで前夜祭が行われた。翌日は競い合う選手たちも懇親会では宿毛の美味しい食事を食べながら、笑顔で宿毛湾のチヌの魅力などを語り合っていた。

当日の4時過ぎ、受付&出船場所となった藻津港には観光協会推薦選手とシード権付きの各大会で勝ち上がった選手の計50名が集結。早朝にも関わらず、会場一帯は選手たちの熱気で包まれた。

今大会の競技規定はフカセ釣りで釣り上げた30cm以上のチヌ(キビレ含む)3匹の総重量で勝敗を決するというもので、同重量の場合は長寸にて勝敗を決着。大型チヌの実績が高い宿毛湾なだけに上位入賞を果たすには最低でも4kg後半~5kgは必須で、昨年は5.46kg、一昨年は5.62kgというのが優勝者の記録。

午前5時30分、抽選クジ順に渡船に乗り込み出船。2人1組で磯に渡り、日頃培った釣技を駆使してチヌを狙った。しかし、この日の天候はは快晴で最高気温は29℃。高活性なエサ盗りにくわえて暑さとの戦いにもなった。

14時を迎えると選手たちが次々と帰着し、随時検量。ちょうかライブウェルから大型チヌが取り出されるたびに喚声が上がった。

検量の結果、5.89kgの好記録を叩き出した有元孝太選手(愛媛)が第5回大会の頂点に輝いた。2位にはオブザーバー参加の石橋淳一選手、3位は岩成博司選手(大阪)が続いた。

表彰式終了後は豪華景品が当たる抽選会やジャンケン大会などがおこなわれ、大盛況のうちに大会は幕を閉じた。

《宿毛市の釣りについてはこちらを御覧ください》

宿毛市観光協会HP

◎《大会結果》◎

優勝 有元孝太 選手

2位 石橋淳一 選手

3位 岩成博司 選手

パラダイスカップ上位入賞者

上位入賞者3名

大会ギャラリー

パラダイスカップ優勝有元選手

大型チヌを3匹揃えて優勝を果たした有元選手

パラダイスカップ釣果持つ

この日の最長寸を釣り上げた江頭弘則さん

パラダイスカップチヌ持つ岩成さん

岩成博司さん

パラダイスカップ釣果持つ和泉泰久さん

和泉泰久さん

パラダイスカップ釣果岡田建治さん

岡田建治さん

パラダイスカップ釣果持つ6

大知昭さん

パラダイスカップ釣果持つ5

宮地寿人さん

パラダイスカップ釣果持つ4

小松和伸さん

パラダイスカップ釣果持つ3

中西毅さん

パラダイスカップ釣果持つ2

小笠原誠さん

パラダイスカップ釣果持つ岡崎

岡崎拓さん

宿毛湾でチヌ釣る

エサ盗りにくわえて「暑さ」との戦いにもなった

渡船

釣りを終え、帰着する選手たち

じゃんけん大会

表彰式後は豪華景品が当たる抽選会やジャンケン大会で大いに盛り上がった

カツオのたたき

集計中、「沖の島水産(龍神丸)」さんによってカツオのタタキが振る舞われた

カツオのタタキを食する

シェアする

フォローする