スポンサーリンク

タイラバで真鯛&マゴチ&シーバス/観音崎周辺(神奈川県横須賀市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回は江戸川区から出船する東京湾の遊漁船「ぼっち」さんにお世話になりました。

この日は満船状態で、釣り座は胴の間で横に常連さんがそれぞれ2人ずつでした。

そのため、和気藹々の釣りとなり非常に楽しかったです。

 

出港して1時間程走って、観音崎周辺海域の浅場での釣りでした。

水深は20m程と非常に浅く、真鯛は底付近に固まっていました。

今回の真鯛は主なベイトがシャコでした。釣れた真鯛はカメジャコのようなシャコを吐き出していました。

真鯛が底付近に固まっていたため、底から1m付近ぐらいでアタリが出た後は、あまり追ってこない渋い状態でした。そのため、底付近を重点的に攻めて釣果を拾っていくような形となりました。

表層付近はサバや30センチぐらいのヤズ(ブリ)が泳いでおり、時折回収の際にヒットしてきました。

潮が止まってくるとサバフグが現れて、ネクタイやスカートに損傷が発生するという状況でした。

 

また、今回はマゴチが多く、着底してからすぐにアタリが出る時は、真鯛よりもマゴチの方が多かったです。

サイズも小型から60センチ程の大型まで幅広いサイズが釣れていました。

ひとつテンヤでやっていたらかなりの釣果が望めたのではと感じました。

釣れたマゴチ

 

釣れた真鯛は、まだ白子も卵も成熟していなかったので、まだ乗っ込みが続くのかなと思いました。

今回は、ジギングやショアからの釣りでは何度も釣ったことがあるけれど、タイラバで釣ったことがないスズキが釣れたので嬉しかったです。

タイラバ シーバス

 

欲を言えば、チヌも釣りたかったのですが、片方でも釣れただけで十分でした。

 

真鯛も良いけれど、マゴチが非常に美味しかった(マゴチは大好きな魚なので常連さんからもいただきました)ので、これからもっと釣れるマゴチに期待です。

次回もまたマゴチが釣れたら良いなと感じました。

マゴチと真鯛の釣果

 

こちらの個人ブログでもう少し詳しく当日の状況等も紹介しています。

日本の釣りにしらしんけん

 

使用したヘッド『フリースライドWF』について

以前から使っていたハヤブサの『フリースライドWF』です。

フリースライドWF ハヤブサ
ハヤブサ フリースライドWF

レバーブレーキと相性が良いと考えて使っていましたが、今回もドテラで底付近を丹念に探るのには非常に適していました。

一定のレンジをキープでき、かつ底が極端にフラットではなく、レバーブレーキのフォールでもフォールの演出がしやすく、バーティカルでも万能に釣れるということが確信できました。

ガルプのトレーラーワームとの相性も良く、レバーブレーキを多用する場合は、このWFヘッドを、普通のスピニングを使ったバーティカルのスピニングタイラバならシャンクスを使ったシステムと使い分けることにより効率的に釣ることが可能と考えています。

WFヘッドはヘッドの形状から、比較的波動が弱いので、少し細めのスカートやトレーラーワームみたいに味や匂いで食わせるタイプのものが相性は良いのではと考えています。

フリースライドWFと真鯛

《釣行メモ》

釣行日 2020年5月12日
潮汐 中潮
 満潮  06時36分
 干潮  14時12分
(横須賀)

《使用タックル》

竿 紅牙EX C69MHS-SMTT ダイワ
炎月プレミアム S610MH シマノ
リール 17モアザン2510-LBD ダイワ
18ステラ4000PG シマノ
ライン PE 1号  
リーダー シーガーグランドMAX FX3号(フロロ) シーガー
フック マイスターフック ハヤブサ
タイラバ 海神シャンクス 60g 海遊
セブンスライド(廃盤) 60g セブン
フリースライドWF 60g ハヤブサ
 ソフトルアー セブンストレーラー セブン
紅牙フレアリーフ ダイワ
タイトルとURLをコピーしました