スポンサーリンク

春の東京湾のタイラバ釣行について/東京湾・観音崎周辺(神奈川県横須賀市)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回は久しぶりに東京湾のタイラバ船、「ぼっち」さんにお世話になりました。

ポイントの観音崎周辺まで1時間半ほど走り、釣りを開始すると潮が全く流れておらず、いきなり渋い状況でした。

この日は小潮のため、潮が動くタイミングで釣るしかないと思い、ひたすら粘っていると、キャストからの巻き上げ、フリーフォールで本日最大の2.1キロの真鯛がヒットしました。

そこまで引かなかったので、そんなに大きくないかと思っていたら、意外とサイズがあったのでびっくりしました。

この真鯛は、アミの他にいろいろな物を食べていました。

今回はアミパターンだったため、激渋時の対策のベイトタックルを持って行っていなかったため、非常に苦戦させられました。

メインのターゲットとなったサイズが、チャリコサイズだったため、なお酷い状況でした。

激渋時はやはり弱い水流を発生させるタングステンなどのヘッドの有効性を改めて認識しました。

外道ですが、他の人が近年の春の東京湾の風物詩になっているトラフグを釣っていました。自分にもヒットしないかなと思っていたところ、フグのアタリがあり、期待していたものの別の小さなフグでした。

東京湾のトラフグは、近年放流事業も盛んだそうで、年々良く釣れているそうです。タイラバの外道としても良くヒットするようです。

釣るのは良いですが、捌くのが大変なので、釣れてもどうしようと思う人もいるそうです。

フグ以外の外道には、ホウボウがよくヒットしていました。鰆や太刀魚がヒットせず、他の人が鰆カッターの被害にあったぐらいでした。

今回は久しぶりに真鯛とのやり取りを楽しめましたので良かったです。

次回は乗っ込み時期にまた行って東京湾のタイラバを満喫したいと思います。

東京湾のタイラバを詳しく紹介しています。

日本の釣りにしらしんけん

《釣行メモ》

釣行日 2020年3月18日
潮汐 中潮
 満潮  06時58分
 干潮 13時28分
(横須賀 )

今回乗船した東京湾の遊漁船「ぼっち」さんです。
http://botchi.org/index.html

《使用タックル》

竿 紅牙EX C69MHS-SMTT ダイワ
炎月プレミアム S610MH シマノ
リール 17 モアザン2510-LBD ダイワ
18 ステラ4000PG シマノ
ライン PE 1号  
リーダー シーガーグランドマックスFX 3号 シーガー
タイラバ 60〜100g  
ワーム 紅牙フレアリーフ ダイワ

今回はアミパターンがメインで、特に魚が底付近から全く動かず、居食いをしているような状況でした。

そのため、やはりヘッドは水流が小さいもので、ネクタイも波動が小さい、細めのオレンジのものが良かったです。

東京湾は1年を通して、シャコやエビ、ゴカイ、アミなどのエサが多く、特定の場所に魚が溜まることもあるそうです。

東京湾でのタイラバを1年を通してやってきましたが、東京湾では基本的にはオレンジのみで事足りるような感じがします。

また、チャリコサイズが多いため、九州などの大型が出る地域のようにごついタックルは不要です。

タイトルとURLをコピーしました