【久しぶりの関東のタイラバゲーム】/横浜沖(神奈川県横浜市)

シェアする

2019年4月8日(月)、今回は久しぶりの関東ということで、外房には今まで何度も行ったことがあったので、行ったことがなかった神奈川県の方へ行きました。

今回お世話になったのは、横浜にある「野毛屋」さんという船で、関東ではタイやトラフグで有名な船だそうです。

朝7時頃に出港。最初は大雨、時化、強風という中での開始で、開始早々いきなり鰆カッターを食らい、タイラバをロストしました。しかし、これが怪我の功名となったのか、あとで真鯛を釣るためのヒントとなりました。

その後も全くアタリがなく、巻いていると突然グイっと引っ張るようなアタリがでましたが、すぐに軽くなり上げてみると、タイラバのフック3本がなくなっていました。

切り口を見ると、太刀魚のような切り方ではなく3本とも同じ位置で、ニッパーのようなもので切られていたので、おそらくトラフグかなと思いました。

この時点で今日のアタリは底ベタで集中していると判断し、念のために持ってきていた北海道でカレイ釣りに使っていたリール『紅牙』に変更しました。

このリールはピーキーなところがあってあまり使っていなかったので、久しぶりに使おうと思い持ってきました。軽くて良いリールですが、やはりドラグ設定やフォール性能はオシアコンクエストには劣るように感じます。

さらに時間が経ち、終了直前頃に、底から少し上げたところで激しいアタリが来ました。

おそらくチャリコだなぁと思っていたら案の定、30センチぐらいのかわいい真鯛でした。

小型の真鯛

そこからまたアタリがなくなり、鰆がいるし、底潮はもうダメだしで、「潮の効いている中層を攻略するか」と思って底から20m以上巻いた中層で繰り返し上げ下げしていると、先ほどより少し元気なアタリがでました。

この魚は、ドラグを出したので、竿曲がりからも1キロちょっとぐらいのかわいい真鯛かなと思ってあげてきたところ、2.7キロの食べごろの真鯛でした。

釣り上げた真鯛

この魚でフィニッシュとなり、沖上がりとなりました。

今回は、久しぶりの関東の釣りということで、北海道の釣りに慣れ親しんだためか、久しぶりの本土での釣りが何もかも新鮮に見えました。

また、野毛屋さんの常連さんや船長も非常に気さくで、いろいろとアドバイスもしていただき楽しい釣りとなりました。

釣果の方も、引っ越してまだ家が片付いてないので、釣れなくてもいいやと思っていたとこ、2枚釣れたので良かったです。

ボウズになる人もいるような激渋の状況でしたが、何とか試行錯誤して結果を出せたのと、このフィールドの特性を少し理解できたので良かったです。

次回は、憧れのトラフグ乗り合いです。

フグを食べたいというよりは、「トラフグを釣ってみたい」、「関東のカットウ釣りをしてみたい」という気持ちの方が強いので楽しみです。



《釣行メモ》

釣行日 2019年4月8日
潮汐 中潮
 満潮  06時12分
 干潮  12時44分
(横浜市)

《使用タックル》

竿 炎月プレミアムB72M シマノ
リール オシアコンクエストCT201HG(リブレ クランク120) シマノ
道糸 18紅牙 TW4.9L-RM ハイパーカスタム(クランク110) ダイワ
ライン PE 1号
リーダー フロロ 3号
ハリ マイスターフック ハヤブサ
タイラバ セブンスライド 80〜120g セブン

《利用遊漁船》

野毛屋
The following two tabs change content below.
めじろん号
めじろん号
釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。提供していただいたガイドサービスセブンの製品を北海道を主として故郷の九州や全国各地で試させてもらっています。

シェアする

フォローする