2018 マルキユーチヌ釣りフェア in 谷山

シェアする

スポンサーリンク

快晴の桜島をバックに

●主 催/マルキユー
●会 場/谷山一文字沖波止(鹿児島)
●開催日/2018年10月21日(日)


10月21日(日)に鹿児島の谷山一文字沖波止にてチヌ釣り大会『2018 マルキユーチヌ釣りフェア in 谷山』を開催いたしました。

南九州エリアでは昨年に続いて2回目の開催となります。今回は女性釣り師1名、10代の釣り師3名を含めた53名にご参加いただきました。

大会ルールは波止に一斉に散らばって朝7時から正午までの5時間で25cm以上のチヌ、キビレ2匹の合計長寸で競うワンデイ大会です。

当日は快晴で、日が高くなると汗ばむくらいの陽気に恵まれました。潮は中潮。満潮が5時ごろで、干潮が11時過ぎ。下げ潮を釣ることになりました。

結果は15名が検量。バリやヘダイ、チャリコ、ベラ、アラカブなどが顔は見せてくれましたが、多くの釣り師が一気に入ったこともありプレッシャーで全体的に食いが渋い状況でした。

本命のチヌも同様に食いが浅いようで、ハリ外れも多くみられました。

そんなでもタナをしっかりと測り、ワンチャンスをモノにされた選手がチヌをキャッチ! 検量へと魚を持ち込むことができ上位入賞という結果となりました。

優勝は地元鹿児島市の居石剛さん。昨年参加しボウズだったのでリベンジに燃えておられたとのことです。

「配合エサは普段から使用しているものに、大会ということで集魚効果抜群のウルトラバイト・アルファが配合してある『メガミックスチヌ』も入れました。まずマキエを同じポイントに投入しチヌを足止め。岸壁より沖10~15mラインのタナをしっかりと測り、海底スレスレを狙う基本通りの釣りに心掛けました。サシエをローテしましたが釣果3匹はすべて『食い渋りイエロー』にヒット。8時、9時半、11時半とコンスタントに釣れました」

とコメントをいただきました。

事故なく無事に大会を終了することができました。ご参加いただいたみなさま、ご協力くださったみなさまのおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。




◎《大会結果》◎

優勝 居石 剛
2位 道下 克雄
3位 瀬戸 正和
4位 山本 勇輝
5位 下田 智雄 

(敬称略)

2018 マルキユーチヌ釣りフェア in 谷山

上位3名

大会ギャラリー

大きな沖波止が会場

優勝の居石さん

The following two tabs change content below.
吉田 昌弘
(よしだ まさひろ)。マルキユースタッフ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする