メジャークラフト NEWロッド『セルヴァ』でライギョゲーム

シェアする

スポンサーリンク

痛快なバイトでヒット! 写真はお散歩中のおじいちゃんに撮ってもらいました

メジャークラフトのNEWライギョ用ロッド『セルヴァSVC-76H/SNK』を持ってライギョ釣りに行ってきました。

向かったのは香川県東部にある野池で、全面にヒシモがびっしり生えているポイントです。

まずは岸際にフロッグをキャストすると、いきなり水面を割ってバイトがありましたがフックアップせず。もう一度同じコースを通すと「チュボッ」と出ましたがこれまた乗らず……。どうやら小型ライギョのようなのでスルーすることに。

そして、フルキャストして沖を探ること数投目、フロッグがヒシモのポケットに入った瞬間、フロッグ後方の水面が盛り上がったと同時に「バフッ!!」 とバイト。鬼アワセを入れるとズシリと重量感!

『セルヴァ SVC-76H/SNK』で一気に寄せて取り込んだのは70cmのナイスサイズ。その後、2回ほどバイトがありましたがヒットに持ち込むことができず、場所を移動することに。

次にやってきたのはヒシモではなく、池全体にハスが生えているところ。準備を整えて水際に立つと、岸際にいきなりライギョを発見!

ライギョの向こう側にフロッグを投げ込んで首振りアクションでアピールすると、体をねじりながら猛アタック! そしてヒット!

強靭かつトルクフルなバットパワーを持つ『セルヴァ』のおかげで短時間のファイトでフィニッシュ。サイズは60cmクラスのまずまずサイズでした。

その後、夕方までフロッグを投げ倒して2匹追加してストップフィッシング。エキサイティングなライギョゲームを存分に楽しむことができました。

1ヵ所目はヒシモの池。まだ薄いので釣りやすいですが、これからどんどん厚くなってきます

2ヶ所目はハスポイント

ライギョ セルヴァ バジュラ

かっこいいですね~。この怪魚感がたまりません

その翌々日もライギョを求めて釣行。この日のロッドも、メジャークラフトのNEWライギョ用ロッド『セルヴァSVC-76H/SNK』です。

この日の釣り場は高松市内を流れる川で、夏になるとところどころにヒシモが生えるのですが、釣り場に着くと渇水気味でヒシモも水もありません(汗)。

カバーゲームが好きなので場所を変えようか迷いましたが、せっかく来たので少しだけ竿を出してみることに。

ライギョを探しながら歩いていると、岸際の水深30cmほどの超シャローに良型を発見!! 驚かせないように向こう側へフロッグを投げてゆっくり誘ってくると、水面から背中を出しながらチェイス!!

「くる、くる、くるよっー!!」

「バシュッ!」

「キタァッッ~!!!」

鬼アワセからのゴリ巻きで確保したのは80cmクラスのグッドサイズ。ドキドキしながらメジャーを当てると、なんとなんとの79.8cm! 惜しくもハチマルには及ばず……。

でも久しぶりに釣った良型に満足してストップフィッシング。いや~ライギョゲームは楽しい♪

シャローを徘徊しているところを狙い撃ち。80cmオーバーかと思いきや、まさかの79.8cm。でもうれしい1匹でした

帰りがけにもう1匹ゲット

NEWロッド『セルヴァ』メジャークラフト

最後に、今回使用したメジャークラフト『セルヴァ』のスネークヘッドシリーズは、「71H」~「80XH」の全4モデルがラインナップしています。性能はもちろんのことコストパフォーマンスにも優れるので、時期やエリアによって複数本使い分けることも可能。

これからライギョゲームにチャレンジしてみたいという方にオススメです!

なお、『セルヴァ』にはキャットフィッシュ(ナマズ)シリーズもあります。こちらも要チェックです!

使ったタックル。ロッドはメジャークラフト『セルヴァ』の「76H/SNK」。リトリーブはもちろん、ネチネチしつこく誘う釣りまで対応するライギョゲームの定番モデルです。カバーが厚いときは「72XH/SNK」や「80XH/SNK」のパワーモデルがオススメです

《使用タックル》

竿 セルヴァ SVC-76H/SNK メジャークラフト
リール カルカッタコンクエスト301 シマノ
ライン PEライン 6号
フロッグ ヴァジュラ ラビット RBT-80 ティムコ

フロッグはティムコの『ヴァジュラ』シリーズ。タダ巻きすると、首を振りながらいい感じにアクションしてくれます

The following two tabs change content below.
りょーた(編集部)
りょーた(編集部)
レジャーフィッシング編集部スタッフ。四国在住。ルアーを中心に仕事の合間に釣りを楽しむ釣り好き編集者。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする