フカセ釣りでチヌ&マダイ/津久茂護岸、大須護岸(江田島市津久茂ほか)

シェアする

スポンサーリンク

チヌ狙いでマイホームグラウンドの江田島に行きました。

最初のポイントは津久茂護岸。

開始第二投目、ウキが消しこむと同時にラインが張り、竿引きの強烈なアタリ!本流の中から姿を現したのはピンク色した良型マダイ61cmです。

続いて…

いきなりの竿引きで当たってきたのは、マダイの赤ちゃん25センチ。

満潮時刻を迎え、潮流も緩んできたところでやっとこさ、本命魚のチヌ39cmが登場。

そして、一度あることは二度あります、

下げ潮に転流し、潮流が早く流れだしたのでハリスにガン玉を追加、この作戦が見事的中したのか? いきなり竿を引ったくる強震なアタリ!

デカチヌを期待してやり取りします、が見えてきたのは、またまた鮮やかなピンク色の魚体、一枚目より丁度10cm小さい51cmのマダイ君。

このクラスのチヌが釣りたい! その思いで釣り続けていると…

こんどは、ウキが視界から消えます。すかさずアワセを入れて、無事タモインしたのはチヌの子ども30cmでした。

その後、大型マダイらしきアタリやチヌの針外れのバラシ等数回ある中、本日最大となるチヌ42cmをゲット。

足元の潮位が低くなり、魚が取り込みづらくなった11時過ぎに釣場を移動しました。

第二ポイントは、江田島の大須海岸。足元から水深があり、チヌの気配ムンムンありありです。

開始して約20分、エサ取りが半端無く多いので、ネリエを付けて超遠投釣りを試みます。すると…海面に漂うラインに動きがあり、綺麗に一直線になったところでアワセをかまします。

どうやら、ハリがしっかり魚の口にフッキングー!

難なく無事にタモ入れ成功! 40cmの立派な江田島のチヌゲット。

14時、マキエを完全に使いきったところで納竿としました。

今回は良型マダイが2枚出て、スリル満点のやり取りが楽しめました。

道糸はいつも愛用しているファゾム『ブルーモデル1.75』、ハリスは同じくファゾム『レベル1.5』を使用しました。

直結で使用しましたが、ライン切れなどのトラブルも無く、快適に釣りが楽しめました。さすが、脅威の結節強度を実現! 原糸から製造まですべて国内生産のラインです!

竿はがまかつ『がま磯アテンダーⅡ 06ー53』。良型マダイとのやり取りでも終始主導権はこちらにありました。

とても綺麗に曲がる素晴らしい竿だと改めて感じることができ、またがま磯シリーズの磯竿の完成度の高さを体感しました。

江田島ののっこみチヌ、あともう少しでしょう?

《マップ》

&z=15

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2018年5月11日
潮汐 若潮
 満潮  06時48分
 干潮  13時11分
(呉)

《使用タックル》

竿  がま磯チヌ競技アテンダーⅡ 06-53  がまかつ
リール  インパルト2500LBD  ダイワ
道糸  Blue Model1.75(1.75号)  ファゾム
ハリス  LEVEL1.5(1.5号)  ファゾム
ウキ  ドリフトL 0、ベーシックチヌ 00  アウラ
ハリ  ナノチヌ2号、ファインチヌ2号  がまかつ
 オモリ  ゴムコートガン玉 各種  FUJIWARA
 ゴム張りガン玉 各種  ヤマワ

使用した道糸 ファゾム『Blue Model(ブルーモデル)』

《エサ》

サシエ  ガツガツコーン、食い渋りイエロー  マルキユー
 オキアミ生
マキエ  チヌの舞ホワイト×2袋、カラーチヌ×1袋  釣まん
 オキアミ生3kg

The following two tabs change content below.
広島のチヌ丸
広島のチヌ丸
GFG中国広島支部所属、チヌ、グレのフカセ釣りを年中楽しんでいます。マイホームグラウンドは、広島湾、江田島、倉橋島、蒲刈島等、グレシーズンに突入すると、福岡、長崎、大分、愛媛県等の磯へ遠征します。アウラフイールドスタッフ。フアゾムテクニカルモニター。 ブログ/広島のチヌ丸 https://blogs.yahoo.co.jp/tada0404831
スポンサーリンク

シェアする

フォローする