波止から良型チヌ/生口島 洲江港周辺(広島県尾道市)

シェアする

スポンサーリンク

波多瑞紀チヌ持ち

44cmの良型チヌがヒット

6月4日(日)午前10時、自宅のある竹原市から1時間半、初夏を思わせる晴天のしまなみ海道の景観を望みながらノッコミアフターのチヌを求めて広島県尾道市沖に浮かぶ生口島洲江港近くの波止へ釣行しました。

ここ生口島のジカタエリアは護岸、波止といったポイントが多く、潮通しは抜群。沖は遠浅の砂地、藻場で形成される場所が多く、他のエリアでは釣果の落ち込むノッコミアフターのこの時期でも比較的良い釣果が期待できるエリアです。

生口島北インターを降り11時30分ポイントに到着。海を覗くと足元には40cm近いチヌがウロウロ♪ 心躍らせながら支度に取り掛かりました。

当日の仕掛けは『宗うき速攻L G2』、ハリスは1ヒロ半、ウキ下2ヒロ弱の半遊動仕掛け。落としナマリにG5を打ってハリスにはガン玉は打たず、ハリはゆっくりとフォールさせ食わせることをイーメジし小鈎を選択。

先ずは約20m沖に微かに見える潮目に仕掛けを投入すると、開始直後の2投目からライン引きの強烈なアタリ! 愛竿の『チヌ競技special Ⅲ 0-50』を胴から締め込むスピードで楽しませてくれたのは44cmの本命! その後も潮の緩急のタイミングや、刺し餌のローテーションなど約2時間で8枚の釣果があがりました。

その後、隣の高根島へと移動、夕方まで点々と移動をし、数枚の良型チヌに出会う事ができ大満足の釣行となりました。

今後夏、秋共に釣果の期待は大! 足場の良いポイントが多いため家族連れやカップルでの釣行もおススメです♪

チヌとのやり取り

良型チヌとのやり取りを楽しんだ

チヌを持つ波多

チヌ2匹持つ

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

生口島ポイント

《釣行メモ》

釣行日 2017年6月4日
潮汐 長潮
 満潮  07時02分
 干潮  13時38分
(尾道)

《使用タックル》

竿 がま磯チヌ競技special Ⅲ 0-50  がまかつ
リール プレイソ2500LBD  ダイワ
道糸 銀鱗SSブラックマスターエクストラ 1.75号  東レ
ハリス トヨフロンスーパーL・EX HYPER 1.5号  東レ
ウキ 宗うき 速攻L  G2、B  Mタックル
ハリ  掛かりすぎチヌ 1号、チヌR 1号  がまかつ

宗ウキと釣果

《エサ》

サシエ 食わせオキアミスペシャルL、食い渋りイエロー  マルキユー
マキエ チヌパワームギspecial(1袋)、湾チヌspecial(1袋)+オキアミ生3kg+水4.5リットル  マルキユー

The following two tabs change content below.
波多瑞紀
波多瑞紀
(はた みずき)。広島県芸予諸島がメインフィールド。宗ウキフィールドテスター。GFG、MFG所属。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする