第2回 東レ懇親チヌ釣り大会 in 芸予

シェアする

スポンサーリンク

●主 催/TFT(東レフィッシングチーム)中国
●後 援/東レ・モノフィラメント

2019年1月6日(日)に広島県芸予諸島を会場に『第2回 東レ懇親チヌ釣り大会 in 芸予』が開催された。

当日は地元広島をはじめ、中四国エリア、関西、関東、さらには山形や宮城からも参加があり、66名の東レファンが尾道市に集った。

船2隻で参加者を2便で磯へおろして大会スタート。

今回のルールはチヌ5匹までの重量で順位を決するというもの。例年の芸予であれば堅調な釣果が見込めるので激戦になるはずだが、今年はかなり厳しいようで、通い慣れた地元のチヌ釣り師もお手上げの日があるそうだ。

そんななかでも、繊細な釣りを展開し、時合をつかんだ選手たちから検量にたくさんのチヌが持ち込まれた。

その結果、5匹で4.75kgをマークした西垣内利紀(にしがうち としき)選手が見事優勝を勝ち取った。僅差の2位は島田拓也(しまだ たくや)選手。3位も4kg台の釣果で、こちらも僅差で島谷英(しまたに すぐる)選手という結果となった。

インストラクターの石村仁さんの

「釣果はなかなか厳しかったですが、幅広いエリアからチヌ釣りファンが集まって、こうして懇親しながらチヌ釣り大会ができたことをうれしく感じます。来年度も開催予定ですのでぜひご参加ください。東レも新製品のラインを開発中ですのでお楽しみにしていてください」

との総評で無事閉会となった。



◎《大会結果》◎

東レ懇親チヌ釣り大会入賞者

上位3名

優勝 西垣内 利紀
2位 島田 拓也
3位 島谷 英
4位 中西 毅
5位 山根 直也

(敬称略)

大会ギャラリー

東レ懇親チヌ釣り大会釣果

選手たちの釣果

関東から参加の室田さん

山形から参加の清川さん

石村仁 東レ

石村インストラクター

表彰後はお楽しみ抽選会

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする