スポンサーリンク

スピニングタイラバで良型クロソイやヒラメをキャッチ/富岡漁港沖(福島県双葉郡富岡)

めじろん号

釣歴30年、得意なジャンルはキスの投げ釣りと船釣り全般です。特に、最近は全国各地でタイラバで遊んでます。メインフィールドは北部九州及び北海道です。海、淡水問わずいろいろな釣りにチャレンジし、特に、海釣りにおいては北海道のタイラバの普及、レバーブレーキを使用したスピニングタイラバの普及等に力を入れてます。

めじろん号をフォローする

今回も5月の釣行に引き続き、福島県富岡漁港から出港する「長栄丸」さんにお世話になりました。

今回の釣り場も水深が30~40m程の浅場で、バーティカルのスピニングタイラバ(レバーブレーキのスピニングタイラバ)で主に攻めました。

スピニングタイラバ

今回は当初から潮が動かず、非常にシビアな状況からのスタートでした。

開始して30分程、ジグでされている方に稀にメバルが釣れる中、キャストしてからのフォール、巻き上げをすると少し重くなりました。恐らくサメかエイかなと思いゆっくりと上げてくると、意外なことに60センチ程の良型のヒラメでした。

福島 ヒットしまヒラメ

 

そこからしばらくまたアタリがない状況が続いた後、ゆっくりと潮が流れてきたところでレバーブレーキのスピニングタイラバでクロソイ用のコンビネーションフォールをやっていると着底寸前に糸ふけが出て即アワセをし、ヒットさせました。

釣れたのは40センチちょっとの良型のクロソイ。今回トータルで8匹釣れたクロソイの内、6匹は40センチ超えでした。

ヒットしたのはガルプの『セブンズトレーラー』を使った海遊社のタイラバヘッド「海神シャンクス」でした。

クロソイ セブンズトレーラー

 

そこから同じパターンで数を重ねていき、ホウボウやサバを追加し、また潮が止まりました。

 

メバルは時折つついてくるものの、当日はあまり型が大きくないためか、トレーラーワームだとさすがにヒットしませんでした。

そうしているうちに回収がかかり、中層まで巻いていると追ってくる感覚がして、少しスピードを緩めると「ガツン」という強烈なアタリが! ドラグが出されながらもあげて来ると当日最大の50センチのクロソイでした。

このクロソイは釣り上げると、小魚を吐き出していたため、中層付近で小魚を追い回していたのかなと思いました。

 

次の流しでは、パターンがつかめたので同じように攻めると48センチのクロソイがヒットし、その後も40センチオーバーがヒットしました。

 

またしばらくして潮が止まり、全くアタリがなくなったので、通常のタイラバに変えて底付近を攻めていると、幾分小ぶりなクロソイがヒットしました。

それから納竿間際に40センチ程のアイナメがヒットしましたが、これは婚姻色が出ていたためリリースしました。

タイラバで釣れたアイナメ

 

激渋ながらも、2キロサイズのヒラメをはじめ、クロソイも50センチを筆頭に8匹釣れ、外道もそれなりに釣れたので大満足の釣行でした。

ホウボウ タイラバ
クロソイ 釣果

 

通い始めて3回目になりますが、いずれも船中最大のクロソイを釣っており、クロソイの数も一番釣っているので、やはり北海道と同じパターンが通用することを確信しました。

また、レバーブレーキのスピニングタイラバはやはりクロソイにこそ有効と改めて実感できました。

 

何にせよ、気持ちの良い釣りをさせてくれる長栄丸の船長さんのおかげでまた福島のこのフィールドのことが一層好きになりました。

ヒラメも大型が多く、8月頃から真鯛も多く釣れるそうで、いろんな魚が釣れて、関東からのアクセスも良いこの福島の釣り場は非常にお勧めのフィールドです。

 

《釣行メモ》

釣行日 2020年 月 日
潮汐 大潮
 満潮  00時00分
 干潮  00時00分
( )

《使用タックル》

竿 紅牙EX C69MHS-SMTT ダイワ
炎月プレミアム S610MH シマノ
リール 17モアザン2510-LBD ダイワ
18ステラ4000PG シマノ
ライン PE 1号  
リーダー シーガーグランドマックスFX 3号 シーガー
フック マイスターフック ハヤブサ
タイラバ
海神シャンクス 80g 海遊
セブンスライド(廃盤) 80〜100g セブン
 ワーム セブンストレーラー ガルプ
紅牙フレアリーフ ダイワ
タイトルとURLをコピーしました