フカセ釣りで良型グレがヒット/宗像沖ノ島 西のテトラ(宗像市)

シェアする

スポンサーリンク

2019年2月17日に宗像沖ノ島に遠征に行ってきました。

夜の23時頃から瀬上がりしますが朝まではなにも釣れず。

しかし、夜が明けて本流が小屋島方面に流れ始めると、30メートルから50メートルほど沖でグレが当たってきました。

しかも、当たってくるグレはほとんどが40オーバーでした!

グレはそろそろ終盤になりますが、3月初旬までは釣れるそうなので安全第一で皆さんも釣行してみてください。

宗像沖ノ島 グレ持ち

沖ノ島 グレ釣り やり取り

宗像 グレ 釣果



《釣行メモ》

釣行日 2019年2月17日
潮汐 中潮
 満潮  08時40分
 干潮  13時59分
(博多)

《使用タックル》

竿 極翔 1.7-530 シマノ
リール BB-XハイパーフォースC3000DXXG SUT シマノ
道糸 松田スペシャル競技 ブラックストリーム マークX 2.75号 サンライン
ハリス トルネード SV-Ⅰ 3号 サンライン
ウキ T&F 支流 遠投 B-B T&F
ハリ テクノグレ 7号 がまかつ

《エサ》

サシエ オキアミ生、オキアミボイル
マキエ オキアミ生×1枚、オキアミボイル×2枚、赤アミ 4kg
The following two tabs change content below.
三宅駿
三宅駿
(みやけ しゅん)。釣り歴10年 山口県在住 。ホームグラウンド 山口県全域の磯、沖磯。磯からのフカセ釣りを主に楽しんでいます。G杯全国優勝を目指して1枚でも多く、1センチ1gでも大きくをモットーに常にグレ、チヌを追いかけています。TEAM-1091所属
スポンサーリンク

シェアする

フォローする