大知昭 御荘湾でまたまたロクマル!/御荘湾(愛南町)

シェアする

スポンサーリンク

大知昭 61cm

御荘湾で6匹目のロクマルキャッチ!

2018年5月12日、チヌフカセ釣りの名手・大知昭さんが、ホームグラウンドの御荘湾で61cmの大型チヌを釣り上げた。

60cm超のチヌは「ロクマル」と呼ばれ、チヌ釣り師の憧れのサイズ。しかし、大知さんが御荘湾で釣り上げたロクマルはこれで6匹目! このところ毎年ロクマルを釣り上げている。

巨チヌフィールド御荘湾と名手の釣技の組み合わせの凄さだ!

この日、大知さんが選んだのは湾外に面した磯。これまでに何度も竿を出して、大型チヌを多数釣り上げているポイントだ。

大型チヌに狙いを絞っている大知さんが釣るのは深ダナ(海底)。

「基本的に底を狙うよ。浮いてるチヌもいるけど、サイズの良いチヌは底でヒットするからね。マキエも底を狙える配合を選んでるよ」

そういう大知さんが使った配合エサは『チヌパワー激重』『チヌパワーV10白チヌ』『爆寄せチヌ』『チヌパワーダッシュ』(全てマルキユー)。

サシエは練りエサ『高集魚レッド』と『エサ持ちイエロー』(いずれもマルキユー)をブレンドしたもの。この日は中層のエサ盗りが多かったので、比重が重く沈下速度の速い『高集魚レッド』を主に使用。それにチヌの視覚を刺激する狙いで黄色い『エサ持ちイエロー』を表面にブレンドしてマーブル仕様とした。

仕掛けは道糸がPEライン『LIMITED PRO PE G5+ サスペンド  1号』でサルカンに直結。ハリスはフロロカーボン『ファイアブラッドEX FLUORO HARD-TIDE 3号』。

この日、このポイントで大知さんが釣り上げたチヌは61cm、55cm、53cmの3匹。これは夕まずめ時の短時間での釣果。御荘湾の爆発力の凄さだ。

大知さんが御荘湾で一番ロクマルが釣れるというのが7月〜9月の夏。日差しが厳しい時期だが、実際に大知さんはこの時期に多くのロクマルを釣り上げている。

大知さんが釣行した翌日に行われた大会では57.5cmを頭に多数の大型チヌが釣り上げられた御荘湾。これからの巨チヌシーズンにロクマルを狙ってみてはいかがだろうか?

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《使用タックル》

竿 鱗海マスターチューン 1号 シマノ
リール BB-X TECHNIUM C3000XG S RIGHT シマノ
道糸 LIMITED PRO PE G5+ サスペンド  1号 シマノ
ハリス ファイアブラッドEX FLUORO HARD-TIDE 3号 シマノ
ウキ 大知ウキGP 00号 工房大知
ハリ 勝負ちぬ ネリエ&コーン 2号 金龍鉤

大知さんはPEラインをサルカンにトリプルクリンチノットで直結する(ウキの中をPEラインが通る形)。

《エサ》

サシエ 高集魚レッド、食い渋りイエロー マルキユー
マキエ チヌパワー激重、チヌパワーV10白チヌ、爆寄せチヌ、チヌパワーダッシュ+オキアミ マルキユー

《利用渡船》

大島海産  https://www.oshimakaisan.jp/

夕方までの釣りなど納竿時間は渡船と相談して決定。

The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする